事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車が水没したら廃車しかない?愛車を手放す方法のひとつ売却がある!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車が水没したら廃車しかない?愛車を手放す方法のひとつ売却がある!

車が水没したら廃車しかない?愛車を手放す方法のひとつ売却がある!

 

大雨や台風で車が水没してしまうと、サビやニオイがついてしまい、乗ることは難しくなってしまいます。修理か処分かで悩むこともあるでしょう。しかし、その水没した車にも価値があるかもしれません。

車が水没すると、電子部品やシートなどにも不具合が発生します。一方で、そのような車でも、買取をおこなっている業者がいるのです。今回は水没車の修理と処分、そして売却の目安や方法をご紹介します。

水没車の処分に困っているというかたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

水没車とはどのような状態の車のこと?また冠水車とは違う?

「水没車」とよく似た言葉に「冠水車」があります。いずれの言葉にも「水」がつくことから、同じようなイメージを持つでしょう。これらの言葉に意味の違いはあるのでしょうか?

水没車も冠水車も同じこと

水没車も冠水車も、意味するところは同じです。いずれも意味するのは「水に浸かってしまった車」です。大雨や台風の影響で大部分が水に浸かってしまったもので、定義としては室内フロア以上に水が浸かった車のことを指します。

 

水没するとどのような状態になる?

車が水没すると、通常の使用では見られないような不具合が発生します。その大きな部分は水によるサビです。車が水没すると、車全体にサビが見られるようになります。サビを始めとした水没による大きな不具合は、主に下記の部分に現れます。

  • ・シートのレール部分
  • ・シートベルトの取り付け部分
  • ・シガーライター
  • ・シートに水の跡が残る
  • ・カビや泥のニオイが残る
  • ・エアコンからのカビやサビのニオイの発生

 

これらの部分の不具合は、水没ならではのものといえます。余談ですが中古車を買う場合も、このような異常がある車には要注意。水没した車は中古車として販売されていることがあります。気になることがあれば、購入前に必ずスタッフに確認を取りましょう。

 

水没車を修理したい…保険は適用されるの?

水没車を修理したい…保険は適用されるの?

 

突然の水没、とくに大雨や台風などの自然災害が原因の場合は、急な出来事に困ってしまうこともありそうです。そんなときに頼りになるのが保険です。しかし、水没に関していえば、保険の適用不適用は契約内容によって左右されます。

契約している保険のなかに水没に関する内容が記載されていれば、保険の適用内です。記載がなければ、残念ながら水没は保険対象外になってしまいます。また、水没が保険適用内であっても、保証される金額は一部であることもあります。

たとえば、水没した車の修理費用が100万円であっても、保険の補償額が50万円であれば、修理費用のうち残りの50万円は自己負担になります。この金額も契約している保険の内容によって異なりますので、必ず事前に確認しておきましょう。

水没に関して保険が適用されるか否かはケースバイケース、保証される金額も同様です。水没に関する保険内容が心配であれば、事前に水没までカバーできる保険をチョイスしておくことが肝心です。現在の保険内容も、確認しておいたほうが賢明でしょう。

 

こんなときは修理よりも売却を考えよう!修理と売却の判断基準

車も精密な機械です。使われている部品には電子機器も多く、水没してしまうと大部分のパーツが故障してしまうことは否めません。修理費用も安くありません。

しかし、その車が新車だったり、愛着のある車だったりした場合は、修理を検討したいというかたもいるでしょう。

「修理か売却か」その判断基準になるのが、車の年式と修理費用を合わせて天秤にかけることです。これらの要素を考えてみて、売却のほうに利がありそうなら、修理よりも売却を選択したほうが旨味は大きいでしょう。

 

水没車の年数

一般的に車の価値は5年で半分、10年たつとゼロになるといわれます。年式の古い車の場合は修理をして乗っても、その車を売却する際の金額はつかないことも考えられます。10年以上古い年式の車は、修理よりも売却を選んだほうがよいかもしれません。

 

水没車にかかる修理費用

水没車の修理費用はおおよそ数十万円~数百万円といわれます。ケースによりますが、ある程度高額になるのは、覚悟しておいたほうがよいでしょう。

車の部品、とくに電子機器は水に弱いデリケートなものがほとんどです。修理をしても完璧に直すのは難しいといわれますし、たとえ修理ができても不具合が発生するリスクは避けられません。

上記ふたつの点を考えてみて、それでも修理をしたいというかたは、いきなり修理を依頼するのではなく、まずは修理にかかる費用の見積りを取ったほうが安心でしょう。

とくに愛着のある車や、できれば手放したくない車の場合はいきなり売却を選択するのではなく、修理費用の見積りを取ってから判断するのがよいかもしれませんね。

 

そもそも水没車って売れるの?売れるカラクリと高額査定のポイント

そもそも水没車って売れるの?売れるカラクリと高額査定のポイント

 

「水没車って問題だらけ、そんな車を売却することなんてできるのか」といった疑問を抱くかたも少なくないでしょう。結論からいえば、答えはイエスです。水没した車であっても、買取をしてくれる業者はいるのです。

 

水没車でも売却できる理由

一般的にいえば、水没した車を積極的に買いたいという人は少ないでしょう。とくに日本では新しくキレイに、大切に乗られていた車に価値が付きます。

一方で水没車を買い取りする業者の主な市場は「海外」です。海外で日本の商品の品質が高く評価されていることは、さまざまな分野でも周知の事実。それはもちろん、車業界も例外ではありません。

水没した車を直したり、使える部品ごとに解体したりして海外に輸出する。この仕組みが水没した車を買い取っている業者のカラクリです。多少の不具合があっても、日本製の車のレベルは高いもの。メイド・イン・ジャパンのブランド力が、この仕組みの根幹なのです。

 

水没車でも高額査定してもらうには?

こうなると頭に残る疑問は「水没車を買い取ってくれる業者がいるのはわかった。けどその業者を見つけて、なおかつ高く買い取ってくれる業者を探すにはどうするのがよいのか」でしょう。その答えももちろん用意しています。

水没車の買取業者を探すときは、便利な比較サイトを使いましょう。こうした比較サイトを用いれば、面倒な見積り作業も一括で終了します。また、実際に依頼するかどうかは別として、車の買取価格の相場を知っておけば、いざ売却するときの判断材料にもなります。

水没車を売却する際にはまず比較。「どうせ無価値だから……」と諦める前に、まずは試してみてください。思いがけない金額で、水没車が宝の山に変わることもあるかもしれません。

 

まとめ

車が水没してしまったら、とてもショックですよね。それが新車であったり、愛着のある車であったりすればなおさらです。そんな水没車を修理するという選択をするのなら、まずは保険内容の確認から始めるのがベストな手順でしょう。

もし「修理費用が高額で修理を諦めざるをえない」「新しい車に買い替えたい」のであれば、水没車を下取りに出すのはNGです。下取りの仕組みと水没車買取の仕組みは、根本的に異なります。水没車の査定は必ず業者に依頼をするようにしてください。

そんな業者を選ぶときは、便利な比較サイトを使うのが圧倒的に正解です。面倒な買取金額の比較もラクラク、あらかじめ調べておけば実際に売却をするときの失敗も少なくなるでしょう。ぜひ今回の内容を参考にして、水没車の修理や売却を検討してみてください。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。