事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

軽自動車の維持費はなぜ安い?軽自動車と普通車を比べて理解しよう!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

軽自動車の維持費はなぜ安い?軽自動車と普通車を比べて理解しよう!

事故車だって高額査定をつけてほしい!一括査定で相見積りを

 

軽自動車を選んだのは維持費が安いから、そんなかたも多いでしょう。ガソリン代や税金面など、さまざまな面でメリットの多い軽自動車は、長らく使うためには最適なパートナーといえます。車を長く使い続けるためには使用中にかかる費用を少なく抑えることも重要でしょう。

 

今回は軽自動車と普通車の、維持費の違いについて紹介します。軽自動車の維持費が安いといわれる要因や、具体的な維持費の比較。また、安い軽自動車の維持費を、さらに安く抑えるためのポイントについても解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

軽自動車の維持費が安いワケをカンタン解説!

そもそも、軽自動車の維持費が安いとされるわけはなんなのでしょうか?ここではまず、軽自動車の維持費が安い理由をご紹介していきます。

 

・保険や税金が普通車よりもお得

軽自動車は自賠責保険や自動車税などの税金が、普通車に比べて安いです。こうした公共で支払うことが必須とされる税金はもちろんですが、民間で任意に入る保険も同様です。普通車に比べて軽自動車の購入時初期費用は安く抑えられます。

 

・普通車よりガソリン代がかからない

軽自動車の燃費が普通車に比べてよいのは周知の事実です。乗りかたにもよりますが、軽自動車の燃費は一般的に普通車よりもよい傾向です。短い期間で見たら、大きな違いではありませんが、「チリも積もれば山となる」。ガソリン代が占める維持費の違いは、大きいです。

 

・タイヤなどの消耗品も安い

車に使う消耗品、エンジンオイルやワイパーのウォッシャー液など、軽自動車用のものは容量が小さいため、交換にかかる費用も少なくなります。また、タイヤなどの大掛かりな部品に関しても同様です。これらの部品が安価な軽自動車は、維持費としても安くなります。

 

・駐車場においても有利!

駐車場が月極などであれば、駐車料金は変わらず、軽自動車の恩恵は多くはないでしょう。しかし、軽自動車にはお店やコインパーキングなどで専用のスペースが用意されています。これは軽自動車に乗るうえでの「労力の節約」になるでしょう。

 

また、自宅に駐車スペースを作るときも、軽自動車用であれば場所は小さくても可能です。大きな視点で考えると、軽自動車の維持費はさまざまな面で抑えられているのです。

 

軽自動車と普通車の維持費を比べてみると?

いきなりひとつの業者にしぼるのは危険!まずは相見積りがオススメ

 

軽自動車維持費は安い、とはいうものの実際に普通車との比較をしてみたときに、その違いがどれくらいのものか、知らないかたも多いでしょう。そこでここでは、実際に軽自動車と普通車の維持費を簡単にシミュレーションしてみました、参考にしてみてください。

 

【軽自動車】

軽自動車の簡単な維持費のシミュレーションは、下記のとおりです。主に税金面で優遇されるのが軽自動車のポイントですね。

 

  • ・自動車税 10,800円
  • ・重量税 5,000円
  • ・自賠責保険 12,500円
  • ・車検費用 54,000円

 

【普通車】

普通車にかかる維持費簡単なシミュレーションは下記のとおりです。

 

  • ・自動車税 34,500円
  • ・重量税 15,000円
  • ・自賠責保険 13,000円
  • ・車検費用 70,000円

 

ザックリこれらの合計でも6万円くらいの開きが発生します。これらの要素以外にもガソリン代では一年間で約1万円強の違いがあったり、部品の交換や費用にかかる費用であったり、と軽自動車と普通車の維持費では、さまざまな面で違いが生まれてきます。

 

軽自動車の維持費、もっと節約するには?

もともと安い軽自動車の維持費用、そんな維持費用をさらに安く抑えるための方法もまだまだ存在しています。これらの点に注目すれば、軽自動車の維持費はさらに節約することができますよ。こちらも併せて参考にしてみてください。

 

・消耗品などを自分で点検、早めに整備してみよう

たとえばランプまわりの交換などは、自分でおこなえば業者に依頼をするよりも、作業にかかる費用を抑えることができるでしょう。また、タイヤの交換もそのまま業者に依頼をするのではなく、購入は自分でおこない交換作業だけは業者に依頼をすると節約できます。

 

インターネットなどではメーカーで部品を購入するよりも安い値段で購入できることがほとんどです。賢く使えばかなりの金額を節約することができます。ぜひ活用してみてください。

 

・車検代はこう節約する

節約できそうにない車検代も、依頼する場所を選べば費用を抑えることが可能です。すべての作業を業者にまかせるのではなく、ある程度の範囲は自分で確認する「ユーザー車検」はとても便利です。

 

書類の記入など、自分でやらねばならない作業もありますが、そのぶん費用は節約できます。不具合の整備をすることができなかったり、不合格の場合は再検査が必要だったりと、デメリットもありますが、費用を節約するという面で見れば、メリットは大きいでしょう。

 

・効果大!保険の見直しをしてみる

軽自動車の維持費を一番大きく抑えられるのが、保険の見直しです。走行距離や年式、乗る回数などに応じて、保険料を抑えることができます。今ではインターネットからも手軽に相談することができるので、気になるかたは試してみてはいかがでしょうか?

 

・駐車場を見直す

駐車場代は場所を変えれば、維持費の節約につながることもあります。たとえば今借りている駐車場が屋根付きなどであれば、もう少し設備を変えることで、コストを抑えることが可能です。屋外で郊外の場所であればより安い駐車場も見つかるでしょう。

 

また、住まいを駐車場付きのものに変えることでも、節約をすることができるでしょう。駐車場はたくさんの場所で貸し出していますので、ぜひ借り換えを検討してみてください。

 

「古い軽自動車」の維持費はバカにならない?

c25cd9d3cefd53e987e20b1c2c9fbc80_s

 

軽自動車の維持費は安い、とはいえ同じ軽自動車でも古くなればそこにかかる維持費は徐々に大きくなっていきます。走行距離が増えたり、年式が古くなったりしてくればもちろん部品の劣化や燃費も悪くなってきます。

 

また、新しい車に比べると車にかかる重量税もかかるようになってくるでしょう。維持費がかかるようになってきた古い軽自動車に乗り続けるよりも、思い切って売却して、新しくカーリースや、エコカー減税対象車を購入したほうが結果的にお得かもしれません。

 

もし、古くなった軽自動車を売却するのであれば、インターネット上にある比較サイトを使うのが一番簡単な方法です。年式や走行距離、ボディカラーなどの車の情報と、簡単な個人情報を入力すれば、複数の業者が提示する見積り金額を比較することができます。

 

使用するのは無料です、時間も手間もかかりません。忙しいビジネスマンや時間のない主婦のかたでも、利用するのはラクラクです。ぜひ軽自動車を売却する際は活用してみてください。悩んでも解決しない車の維持費問題に、光明が差すかもしれません。

 

まとめ

軽自動車の大きな魅力である維持費の安さ、その理由としては下記のようなものがありました。

 

  • ・普通車に比べてかかる税金が少ない
  • ・軽自動車の消耗品は普通車に比べて安い
  • ・軽自動車は燃費がよい

 

これらの点は、軽自動車の維持費が安いとされる要因です。そしてその考えは的を射ています。また、安い軽自動車の維持費は、工夫をすればさらに安く抑えることが可能です。そのための方法は本文中で述べてきたとおりです。ぜひ実践してみてください。

 

維持費の安さが魅力の軽自動車、そんな軽自動車も長年乗り続けていれば維持費も段々とかかるようになってきます。ぜひ今回の記コラムをキッカケに、見直しや買い替えを検討してみてください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。