事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車にする基準って?ケース別チェック点と、損せず得する廃車方法!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車にする基準って?ケース別チェック点と、損せず得する廃車方法!

外車が事故車に…買取してもらえるって本当?業者選び失敗ナシの秘訣

 

今お持ちの車を廃車にした方がよいのか、迷っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際、愛車であればあるほど、その車を手放すタイミングを決めるのは難しいものです。

 

廃車にしようか迷う理由として、まだ乗れるけど新しい車にも興味があるということや、現時点で廃車にすることが損か得かわからないということが挙げられます。せっかく廃車にするのならば、少しでも得をしたいですよね。

 

そんな廃車にする基準にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。廃車にするタイミングなどで、損したり、得したりもするのです。

 

 

廃車の基準よりも大切!?損しない廃車方法も知っておこう

今お持ちの愛車を廃車にするかしないかで迷う理由は、人それぞれです。その中でも、多くの方が悩むのが、「現時点で廃車にするかしないかで、どちらの方が損しないで済むか」ということです。損得が気になると、なかなか決められないですよね。

 

そんな方にまず知っておいていただきたいのが、廃車にすると決めたあとのことです。廃車方法の選び方によっても、損するケースと得するケースとがあるのをご存知でしたか?

 

後に詳しくご紹介しますが、もし廃車にすると判断した場合、簡単に「下取りしてもらう」で納得するのは非常にもったいないことです。廃車にするかどうかの基準とともに、賢く得する廃車の仕方についてもご紹介していきます。

 

廃車にする基準でまず目安となるのが修理費!

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

 

廃車にするかどうかのひとつの判断基準となるのが、「修理費」です。車を長く維持するのには、それなりの費用をかけてメンテナンスを定期的におこなう必要があります。

 

日本では、新車で購入した場合、購入後3年、その後2年おきに車検を受ける必要があります。おおよそ7年目以降になると、だんだんと交換しなければならない部分や、消耗品の交換が必要になります。それに伴い、車検代が高くなってしまうものです。

 

たとえばエンジンやそのまわりが故障した場合、修理費は10万円を超えるケースが多いといいます。このような場合には、廃車にするのが賢明な判断だといえるでしょう。

 

もし、事故を起こしてしまった事故車である場合も、修理費、修復費が高額であった場合は廃車にするほうがよいかもしれません。

 

廃車にする?しない?ケース別ポイント

廃車にするか、しないかという判断は、お持ちの車がどのような状況なのかによってさまざまです。事故車、故障車である場合は、多くの人が廃車にすることを第一に考えがちですが、必ずしもそれが正解とは限りません。

 

廃車にするか、しないかを決めるのには、以下を参考にしてみてください。

 

・車検が近いかどうか

車検が近いかどうかは、重要な判断材料となります。先にも述べたように、車を維持している期間が長ければ長いほど、劣化する部分も増え、修理費が高額になっていく傾向にあります。

 

さらに、ガソリン車であれば、13年を過ぎると自動車税が高くなります。そのため、維持するのにもそれまで以上に費用がかかるのです。車自体が古いと、燃費も悪く、全体的な維持費を計算すると買い替え時だと思うかもしれません。

 

廃車にするタイミングとしては、修理費がかかる車検満了前がよいといえるでしょう。車検に出す前は、その車にあと2年乗れるか、乗り続けられるかを考えましょう。

 

・事故車なら、修理が保険内で収まるかどうかがカギ

事故を起こしてしまった車の場合、故障してしまった部分の修復をしなければなりません。そうなったとき、その修理や修復の費用が保険内で収まるかがカギとなります。

 

事故車は、破損が見られる部分によって、修理にかかる費用は大きく変わります。フレーム部分に損傷が見られ、大規模な修復が必要な場合、高額の修理費がかかってしまうおそれもあるのです。

 

修理の見積りと、保険の補償額を比べてみましょう。修理にかかる費用が保険内で収まらなければ、廃車にしたほうがよいでしょう。

 

・故障車は年式や劣化具合によって決まる

故障車である場合は、その年式や車の劣化具合によって、また個人によって判断が異なります。年式が比較的新しく、劣化具合も軽い場合は、修理に出しても修理代は比較的安く済みます。

 

一方で、年式が古く、劣化具合が著しい場合は、修理費用がかさむことが多々あります。年式が古い車の中には、その車に使われている部品が生産終了していることもしばしばあります。そのため、修理しようと思うと、その部品を探す手間もかかります。

 

修理費だけで決める必要はありません。年式が新しい故障車は、たとえ故障車であれ、廃車買取や中古車買取で、よい値段がつきます。特に、その車種の新型であれば、高額買取してもらえるのです。

 

そのため、比較的年式が新しい故障車は、必ずしも修理に出す必要があるわけではありません。まだ、需要があるうちに買取ってもらい、新車の購入の足しにするのもよい方法です。

 

早まらないで!走行距離が10万キロでも価値はある

走行距離が多いと売却に不利なの?必ずしもそうとは限りません!

 

日本では、廃車にするタイミングとして、走行距離10万キロがひとつの区切りになります。しかし、走行距離が10万キロに達したからといって、価値がなくなったわけではありません。10万キロに達したから廃車にするという考えは、捨ててしまいましょう。

 

・走行距離で廃車かどうかを判断するときの注意点

昔は、よく「10万キロオーバー=下取り」といわれていました。今も、その印象が残っているのか、10万キロがひとつの区切りとして考えられています。しかし、自動車の性能もいくぶんよくなり、10万キロを超してもまだまだ走れる車も増えてきています。

 

10万キロを迎えたら下取りという考えは、もう捨てるべきです。10万キロに達しても、状態がよい車であれば、中古車として、買い取ってもらえるのです。よほどの修理が必要でない限り、買い取ってもらえる可能性があると考えましょう。

 

・下取りと言われた車でも価値を付けてもらう方法

走行距離が10万キロに達した車を、ディーラーにもっていったり、普通の中古車販売店にもっていったりすると、下取りされてしまうのが一般的です。大事なのは、その車を出す先なのです。

 

廃車を専門にした業者や、事故車を専門にした業者に買取を依頼するのです。そうすることで、10万キロに達した車でも、価値を見出してくれ、いくらかの買取価格をつけてくれます。

 

特に高く買い取ってもらえるのは、海外に販売ルートを持った買取専門業者です。日本の車は、海外でも非常に人気があり、たとえ10万キロを超えていても海外では価値のあるものなのです。

 

そもそも、海外では10万キロで乗らなくなることはなく、多くの人が20万キロ、30万キロに達するまで乗ります。

 

もし、車としての機能を果たせないと判断されても、パーツに分解され、部品単体で売られるのです。そのため、比較的高く価値をつけてくれます。

 

・廃車手続き無料で、一番高く買ってくれる業者は?

自分で廃車手続きするのは、なかなか大変なことです。さらに、それなりの費用もかかります。しかし、廃車手続きまでやってくれる、業者を探すことで、廃車の手続きにかかる費用を削減でき、その分お得になるのです。

 

せっかく愛車を廃車にするのですから、少しでも高く買い取ってもらえる業者を探して医ですよね。高額買取を狙うのならば、比較サイトを利用したり、複数社に一括査定を依頼したり、相見積もりをすることをおすすめします。そうすることで、少しでもよい業者を選ぶことができるのです。

 

まとめ

お持ちの愛車を、廃車にしようかしないかということは、多くの方が悩むポイントでもあります。廃車にする際には、その車の車検や、状態を加味して、いつ出すとお得になるのか見極めるとよいでしょう。

 

また、昔から走行距離が10万キロに達したら廃車という考えがありますよね。しかし、10万キロに達したからといって、その車の役目は終わりではありません。下取りではなく、価値あるものとして扱われるのもまれではありません。

 

廃車にすることを決めたら、複数の業者に一括査定を依頼しましょう。そして、よりあなたの愛車に価値を見出してくれる業者を見つけることができるのです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。