事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

年末やGWの事故率は?月別にみる交通事故の要因や、起きやすい時間

無題ドキュメント

最新情報・レポート

年末やGWの事故率は?月別にみる交通事故の要因や、起きやすい時間

年末やGWの事故率は?月別にみる交通事故の要因や、起きやすい時間

 

みなさんは、長期休みのときに何をして過ごしていますか?車を利用して、テーマパークや温泉など旅行に行く方も多いのではないでしょうか。

車に乗って出かけていると、渋滞にはまってしまうこともありますよね。その渋滞が自然渋滞であれば、しばらくすると解消されますが、交通事故による渋滞だとなかなか解消されないことが多いです。

せっかくのお休みを渋滞に巻き込まれ、終わってしまうのはもったいないです。今回は、年末やGWのような長期休みになぜ交通事故が多いのか、月別に一番交通事故が多いのはいつなのかについてお伝えします。交通事故が少しでも減ることの力になることができると幸いです。

 

 

年末やGWは事故が増える?

年末やGWに出かけようと思っていても、「事故にあったら」と考える人もいらっしゃいますよね。では、実際に年末やGWは事故が増えているのでしょうか?

年末は交通事故の発生率が最も高くなる

年末に交通事故が多いというのは、よく耳にしますよね。実際、12月は1年の中でも事故が1番多いです。なぜ、多くなるのでしょう。

12月は「今年がもう終わってしまう、まだまだたくさんやらなければいけないのに」と感覚的に忙しいと感じてしまうことが多い月です。「忙しさ」というのは、人の心の余裕をなくし「焦り」を与えます。そのため、12月は焦りが多くなってしまい、交通事故の発生が高くなるのです。

 

GWに交通事故が増える要因

交通事故が多いと感じるのは、年末だけでなくGWも多いと感じますよね。GW中に国内を移動する方は、車で出かけることが多いと思います。車で出かける人が多いということは、交通事故が増えることにつながってきます。

GWは、車の交通量が多いため渋滞がよく発生します。前の車との車間距離をよく見ていなくて前の車に衝突してしまうことや、急いで目的地まで行きたい気持ちが高くなり、休憩を十分確保できない運転手が居眠り運転をしてしまうことも、GWに交通事故が増えると考えられています。

 

交通事故の原因統計を月別に分析すると…

交通事故の原因統計を月別に分析すると…

 

「じゃあ、1年間にどの月が一番交通事故が多いの?」と感じる方に、月ごとにどんな原因で事故が発生するのかと対処法についてお伝えします。

 

【1月】夕方から夜にかけて交通事故が起きやすい

1月は、12月に比べて夕方でもまだ見えると思いライトを点けるのが遅くなってしまう人はいませんか?まだ、ライトを点けなくても信号は見えると思う方もいると思いますが、ライトを点けていないと歩行者が見えづらいことがあります。夕方から夜にかけては「まだ大丈夫」という気持ちが事故を起こしてしまいます。

 

【2月】早朝と日没後に交通事故が増える

2月も1月と同様に、まだ見えるといった意識が交通事故を起こしてしまいます。見えると思っていても、車のガラスが外気との温度差で曇ってしまうこともあります。なるべく早めにライトを点けるようにしましょう。

 

【3月】特に高齢者の死亡事故が目立つ

3月は、道路横断中の交通事故が多くなっています。特に、高齢者が道路を横断しているときに車が左折をしようとしているときに多いです。横断歩道のある所では、歩行者や自転車が来ていないとサイドミラーだけで確認しがちですが、目視で確認をしてから曲がるようにしましょう。

 

【4月】業務車両による交通事故が起きやすい

4月は業務中の運転手による交通事故が多いです。4月になり、新入社員や新たに転職をした方の事故が目立ちます。新しい職場で、やらなければいけない仕事に追われる方もいらっしゃると思いますが、焦らず、安全運転を心がけましょう。

 

【5月】GWに交通事故が増える

先ほどもお伝えしたように、GWは車の交通量が増え、道路が渋滞しているために起こる事故や居眠り運転による事故があります。「目的地に早く着きたい」という思いが強くなるとは思いますが、安全に到着できるように無理をせず運転をしてください。

 

【6月】梅雨シーズン。雨天以外の日に交通事故が多い

梅雨のシーズンである、6月。雨の日の事故が多いと思いきや、晴れの日の事故が多くなっています。原因は、晴れの日に自転車を利用する人が多いためだと考えられます。自転車ももちろん周りには気を付けなければいけませんが、自動車も雨のときより自転車が見やすいと思わず、周りの様子をしっかりみるようにしてください。

 

【7月】飲酒に関わる事故が増える

7月は飲酒運転が増えてきます。梅雨も明け、晴れの日が増えると仕事帰りに飲みに行きたくなる方も多くなりますよね。しかし、お酒を飲んでからの運転は絶対にダメです。少ししか飲んでないからという理由で運転をすると大きな事故につながります。

 

【8月】観光やレジャー途中の事故が多発

8月は学生の夏休みがはじまり、お盆休みに家族でどこかに出かける機会が多くなりますよね。そんなとき、旅行先でたくさん遊び、疲れた状態で運転をすると、普段は起こさないような事故を起こしてしまいます。楽しんだ後は十分、休憩をしながら運転をしましょう。

 

【9月】高齢者を中心として歩行者の死亡事故が増加

9月は8月に比べて日没が早くなってきます。また、気温もだんだんと下がり始め、夕方に散歩に出かける高齢者や歩行者が多くなります。何度も申し上げますが、「このくらいならまだ見える」と自分の目を過信せず早めにライトを点けましょう。

 

【10月】秋、自転車と歩行者の事故が大幅に増える

10月は日没が急に早くなります。帰宅時間である17時過ぎから18時までは、日が沈み暗くなりやすいです。暗くなり始めは歩行者が見えづらくなります。歩行者との事故をなくすためにライトは早めに点けましょう。

 

【11月】飲酒関連の事故が目立ち始める

だんだんと寒くなり始め、少し身体を温めてから帰ろうと思う方も多いのではないでしょうか。そんなときは、お酒を飲んでしまいがちですよね。お酒を飲み、あったまってから帰るのはもちろんいいことですが、お酒を飲んでから運転することは、絶対にやめましょう。

 

【12月】年末、死亡事故が1年間で最も多い12月

先ほども述べましたが、12月は1年の終わりの月でみなさんが焦っていることが多いです。心に余裕がなくなってしまうと、いつもなら起こさないような事故を起こしてしまうことがあります。焦りながら運転しないよう、少し早めに行動をしましょう。

 

交通事故が起きやすい時間

交通事故が起きやすい時間は、通勤時間と帰宅時間です。時間でいうと、朝の8時頃、夕方の17時から18時に交通事故は起こりやすいです。なぜ、この時間が起こりやすいのでしょうか。

まず、単純に車の交通量が多くなることが原因の1つとして挙げることができます。また、朝の通勤時間には仕事に遅刻しそうと焦ってしまい、帰りの帰宅時間には1日の仕事の疲れがたまり、注意力が低下することや視認性の低下から交通事故が起きやすくなります。

どの時間でも交通事故に気を付けて運転をしなければなりませんが、通勤時間と帰宅時間での運転はより一層の注意が必要です。

 

交通事故が起きやすい天気

交通事故が起きやすい天気

 

交通事故が起こってしまう原因に、天気は関係しているのでしょうか?関係がしているのであれば、どのような天気が起こりやすいのかお伝えします。

 

凍結や積雪

冬が近づくにつれ寒さが増すことで道路が凍結してしまったり、雪が降ることで積雪をしたりと、四季のある日本では避けることのできない現象です。このように雪が降ることは、交通事故の起こりやすい環境を作ります。

凍結した道路では、スピードが出ている車はスリップしてしまい、対向車とぶつかってしまったり、相手に被害はないものの自分がけがをしてしまうこともあります。雪が多く降る日や寒さで道路が凍結してしまう日は、天気に異常がない日に比べて交通事故が多くなります。

 

ゲリラ豪雨

近年、多くみられるようになったゲリラ豪雨。突然、前方が見えなくなるくらいの強い雨が降り、ワイパーでは対応しきれないこともありますよね。このような強い雨が降るときは交通事故が起こりやすくなります。

自分だけでなく、周りの運転手も強い雨の中運転するのは難しいです。そのため、十分な車間距離をとり、必要があるときはライトを点けて走行することで、交通事故を起こさないようにしましょう。

 

突風や強い横風

台風のような強い横風が起こったときは、車体が傾きそうになり慌ててハンドルを切ったり、曲がるときに強い風に驚きハンドルを切りすぎて交通事故につながることがあります。強い横風が吹いたときは、慌てずにハンドルをゆっくりと切るようにしましょう。

 

まとめ

突然、起こってしまう交通事故。「私は大丈夫」という気持ちは、いつか大きな事故を起こしてしまうかもしれません。

大丈夫と思わずに、交通事故の多い時間や時期には十分気を付けて運転を行うようにしてください。みんなが注意深く運転をすることで、交通事故は防ぐことができます。1人ひとりが気を付けていきましょう。

遠出をする際には、こまめに休憩をし、無理せずに出かけるようにしてくださいね。みなさんが、注意することで大きな事故をなくし、命がなくなる事故が減ることを願っています。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。