事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の査定額いくら?なんとかして高く売りたい人必見!コツまとめ

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の査定額いくら?なんとかして高く売りたい人必見!コツまとめ

事故車の査定額いくら?なんとかして高く売りたい人必見!コツまとめ

 

事故車を売るときは「事故車だけど少しでも高く売りたい!」と思いますよね。過去に事故を起こした車は、そのときに修理して今は問題なかったとしても安い値段で査定されることが多いといわれています。

だけどちょっと待ってください。もしあなたの少しの努力で査定額が上がるとしたらどうでしょうか。しかもそれほどお金がかからないでそれが実現可能だとしたら。

今回は事故車を少しでも高額に査定してもらいたい人のために、高額査定のコツをお伝えします。今回の内容を実践して、事故車を高値で売却しましょう。

 

 

事故車の高額査定を受けるための大切な5カ条

さっそく高額で査定してもらうために必要なポイントをお伝えします。以下の5つのポイントをおさえることで、査定額を上げることができるでしょう。

相場を知っておく

見積りをとってもらう際、複数の業者に見積りをとってもらうことであなたの車の相場を知ることができます。1社や2社しか見積りをとってもらっていない場合、その査定額が低いのか高いのか、妥当なのかがわかりません。

できるだけ多くの業者に見積りをとってもらうことで、平均的な査定額や高い査定額をつけてくれる業者がわかります。

 

愛車のアピールポイントをまとめておく

通常、査定をする際は決められた項目を1つずつチェックすることが多いため、あなたの車のアピールポイント(オプションパーツを備えている、禁煙車であった、ワンオーナーであったなど)があったとしても見逃されてしまうケースがよくあります。

そうなるとアピールポイントがあったとしても査定額に反映されないまま終わってしまいます。そうならないために、アピールポイントを事前にまとめておき、査定の際に忘れずに伝えるようにしましょう。

 

修理をすることが必ずしも吉ではない

高額で査定してもらうためにキズやパーツの不具合はすべて修理してから査定してもらおうと考える人がいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。車を売却しようと決めた時点で残っているキズや不具合は修理しない方が得になるケースが多いです。

なぜかというと、あらかじめ修理することで査定額が少し上がるかもしれませんが、その査定額の差が修理費用を上回るケースは少ないためです。

 

最低限の掃除と洗車はしておこう

同じ車であっても、ボディに鳥のフンがついていて車内もゴミや土などで汚れている車と、外見・車内ともにきれいに洗車されている車、どちらのほうがより高い査定額をつけてもらえるでしょうか。もちろん後者ですよね。

前者の汚い車は第一印象が悪いため、仮に洗車すればきれいになる車だとしても査定額が落ちてしまうのです。

 

適した時期がある

一般的には4~7月と9月に売却すると、他の時期に比べて高値で査定してもらいやすいです。理由は明確ではありませんが、自動車業界で比較的ニューモデルがリリースされることが多く、その時期に乗り換えを考える人が多いと推測できます。

 

なぜ事故車なのに売れるの?高価買取してくれる理由とは

なぜ事故車なのに売れるの?高価買取してくれる理由とは

 

事故車なのになぜ売れるのか疑問に思った人もいるしょう。事故車でも業者の売り方によっては高い価値がつくことがあるのです。その理由を見ていきましょう。

 

日本車は海外で人気がある

日本国内では事故車は中古車市場で嫌われることが多いです。理由は中古車を買う人の心情的なものが多いでしょう。しかし海外では日本車は人気があるのです。そのため、たとえ事故車であっても国内より高額で売ることができるのです。

つまり、海外への販売ルートを持っている業者に査定してもらえれば、高値をつけてもらう可能性がグッと上がります。

 

パーツがまだまだ使える

車のある部分に不具合があっても、その他の部分がきれいな状態であればパーツとして価値があります。そのため、事故車で車全体としての価値が低かったとしても、パーツごとに価値をつけると意外と高い査定額をつけてくれる業者もいるようです。

 

修理をして中古車として販売

業者側は買い取った事故車を修理して、本来の性能を取り戻した状態で中古車市場に出すことがあります。そのため修理していない事故車であっても値段をつけることができるのです。

 

査定額にひびきやすい修復歴について

業者に車を売却する上で重要となる「修復歴」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この修復歴の有無で査定額に大きく差が出るので理解しておきましょう。

事故歴と修復歴は違う

「事故歴」と「修復歴」という言葉、知らない人からすると似たような言葉に思われるかもしれませんが、大きな違いがあります。事故歴はその名の通り事故を起こした履歴です。事故の大小や相手がいるいないを問わず、事故を起こしたら事故歴として残ります。

それに対して修復歴は事故を起こした結果、車の骨格部分が損傷して修理した場合の履歴のことをいいます。車にとって大事な骨格部分の修理がされた修復歴がある車は、修復歴がない場合と比べると査定額がかなり落ちてしまいます。

 

修復歴に含まれるパーツ

修復歴は骨格部分が損傷して修理した場合の履歴とお伝えしましたが、具体的には以下のパーツを修理した場合のことをいいます。

  • 1.フレーム
  • 2.クロスメンバー
  • 3.インサイドパネル
  • 4.ピラー
  • 5.ダッシュパネル
  • 6.ルーフパネル
  • 7.フロア
  • 8.トランクフロア

 

これは社団法人 日本自動車査定協会というところで定められています。そのため、どの業者もこのパーツが過去に修理されたかどうかを確認します。

 

事故車買取専門店への一括見積りをオススメするにはワケがある!

事故車買取専門店への一括見積りをオススメするにはワケがある!

 

事故車の買取は事故車買取専門店をオススメします。インターネットを探すと多くの買取業者が見つかりますが、事故車に関しては事故車買取専門店が高値で査定をしてもらえるケースが多いようです。

 

事故車買取専門店が事故車を高く買い取ってくれる理由

なぜ事故車買取専門店が他の買取業者と比べて高値で事故車を査定してくれるのでしょうか。それは事故車買取専門店が重視しているポイントが他の業者と異なるためです。

事故車買取専門店は年式や走行距離、市場の人気といった、他の買取業者が重視するポイントに重きを置いていません。逆に、他の業者が重きを置いていない装備品や海外での需要、車体重量やエンジン型式といった、事故車であってもそれほど影響しない部分に重きを置いて査定してくれます。

このように事故車を売却するなら事故車買取専門店の方が断然お得なのです。

 

事故車買取専門店に効率よく見積り依頼するなら、一括見積り!

事故車買取専門店といっても、世にはたくさんの業者が存在します。その1社1社に連絡をとって見積りをしてもらっていては、労力も時間もかかってしまいます。

そのため、インターネット上の一括見積りを利用するとよいでしょう。一括見積りを行うことで複数の業者に対して一気に見積りを依頼することができます。

 

まとめ

いかがでしょうか。あなたの車が事故車であっても今回お伝えしたポイントをおさえて査定してもらうことで、高値を付けてもらえるかもしれません。

事故車であってもあなたの愛着がたくさんつまった車。中にはいろいろなオプションをつけたり、パーツの交換をつけたりして車の性能アップをしている人もいるでしょう。その価値を少しでも買い手である業者に伝えたいですよね。少しの労力やコツであなたの車の価値を引き出すことができます。

事故車でもあきらめずに、あなたの車を少しでもよい形で売却しましょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ