事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車手続きの書類は何が必要?永久抹消と一時抹消の違いを解説

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車手続きの書類は何が必要?永久抹消と一時抹消の違いを解説

廃車手続きの書類は何が必要?永久抹消と一時抹消の違いを解説

廃車手続きには2種類の方法があり、必要な書類が少し異なることをご存知でしょうか。「今使っている車を廃車にしたいけど、なにからおこなえばいいのかわからない」なんて方もいるかもしれません。

廃車の手配をおこなううえで、必要な書類の不備があっては手続きをおこなうことができないので、あらかじめ必要書類や流れを知っておくとスムーズです。

本コラムでは廃車手続きの際の書類や流れ、さらに廃車買取業者についてもご紹介しております。実際に手続きをおこなう際の参考にしてみてくださいね。

廃車手続き|永久抹消登録と一時抹消登録の違いについて

「廃車にしたい」と考えている人のなかにも、2つのパターンがあるかと思います。1つは「もう二度と乗らない」という場合と、「いつか乗るかもしれない」という場合です。

日本の自動車は陸運局、もしくは軽自動車検査協会によって車の情報を登録されており、廃車にするときは、「抹消登録」をしなくてはなりません。この抹消登録は、今後の用途によって方法が異なります。ここからは、この2つのケースについてご説明いたします。

もう乗らないなら「永久抹消登録」をしよう

廃車、と聞くと「バラバラに解体して車を利用することがない」というイメージをもつ方もいるかもしれませんが、「永久抹消登録」はまさにそのことです。引越しなどいった理由で、今後一切乗ることがないという場合に適応されます。

永久抹消登録をすると車の情報が全て抹消されるため、その名のとおり永久的に公道を走ることができません。また、自動車を保管しておくスペースをつくることができるので、駐車場を借りる必要がなくなります。また前提条件として、永久抹消登録をおこなう際は解体したあとでないと申請することができません。

また、永久抹消登録は自動車の再登録ができないため、「もしかしたらまた乗るかも」という方は次の「一時抹消登録」をご参考ください。

まだ乗る可能性があるなら「一時抹消登録」がおすすめ

長期にわたる入院や海外出張など、「しばらく乗る機会がないので、一時的に廃車にしておきたい」という方には一時抹消登録がおすすめです。一時抹消登録は永久抹消登録と違い、再登録することができます。「出張から帰ってきたらまた車を乗りたい」といった場合はこちらが便利です。また、自分の車が盗難に遭った場合にも適応することができます。

車の情報を登録したままにしていると、利用していなくても自動車税が課税されてしまったり、自賠責保険を支払い続けたりする必要が生じます。一時抹消登録にしておくことで、支払い義務がなくなるのです。

しかし、一時抹消登録にした車は手放すわけではないので、もしも駐車場を借りている場合は駐車料金を引き続き支払う必要があります。

廃車手続きに必要な書類と手続きの流れ

廃車手続き|永久抹消登録と一時抹消登録の違いについて

廃車の手続きに関する概要をご説明したところで、次は必要書類と、手続きの流れをご説明します。抹消登録方法によって必要な書類や流れが違いますので、事前に確認しておきましょう。

【1-1】一時抹消登録に必要な書類

一時抹消登録に必要な書類は以下のとおりです。

  • ・車検証
  • ・印鑑証明書(3か月以内に取得しているもの)
  • ・一時抹消申請書
  • ・自賠責保険証明書
  • ・身分証明書
  • ・手数料納付書
  • ・自動車税、自動車所得税申請書

一時抹消申請書と手数料納付書、自動車税所得税申請書は陸運局で用意します。また、ナンバープレートを前後の2枚とも返却する必要があるので、あらかじめ取り外しておくなどして忘れずに用意しましょう。

【1-2】一時抹消登録の手続きの流れ

一時抹消登録の手続きは、以下のようにしておこないます。

  1. 1.書類を記入
  2. 2.陸運局で登録手数料を支払う
  3. 3.ナンバープレートを2枚とも返却
  4. 4.書類を提出
  5. 5.税事務所に申告

【1-3】やっぱり処分する場合は「解体抹消登録」を!

「一時抹消登録をしたけど、やっぱり車を処分したい……」、こんなときは、すぐに永久抹消登録をせずに、「解体抹消登録」をする必要があります。

解体抹消登録の際に必要な書類はこちらです。

・一時抹消登録証明、もしくは登録識別情報等通知書
一時抹消登録をおこなう際にもらえます。

・リサイクル券に記載されている「移動報告番号」の控え
車を購入した際にディーラーからもらえる券です。

・解体業者からの報告書
業者によって解体を終えたあと、ネットで確認することができます。

  • ・手数料納付書
  • ・永久抹消登録申請書
  • ・解体届出書

上記の3つは、当日陸運局で準備することができます。

解体抹消登録手続きの流れはこちらです。

  • 1.解体抹消登録申請書を購入し、記入
  • 2.書類を提出
  • 3.税金の還付手続きをする

解体届出を提出するのは、解体報告記録日から15日の間におこなわなくてはなりません。解体抹消登録が済んだあとに、永久抹消登録をおこなうことができます。

【2-1】永久抹消登録に必要な書類

永久抹消登録に必要な書類はこちらです。

  • ・名義人の印鑑証明書
  • ・リサイクル券に記載されている「移動報告番号」の控え
  • ・解体が終了した日付のメモ
  • ・マイナンバーカード
  • ・自賠責保険証明書
  • ・身分証明書
  • ・車検証

「永久抹消登録申請書」や「手数料納付書」も必要ですが、陸運局でもらうことができます。

【2-2】永久抹消登録の手続きの流れ

一時抹消登録の手続きや、その後の解体抹消登録手続きについて説明してきました。ここでは、永久抹消登録の手続きをおこなう際の流れをご紹介します。

  1. 1.車検証や移動報告番号、解体記録日などを書類に記入
  2. 2.ナンバープレートを返却
  3. 2.手数料納付書に記入
  4. 3.窓口に提出

また、このときナンバープレートには封印がついており、勝手に取り外してはいけません。車検場や陸運局にて外すようにしましょう。

こんな場合は追加書類が必要!

これまで、廃車手続きの書類や流れについてご紹介してきました。基本的に必要な書類はさきほどご紹介した書類ですが、このほかに追加で必要となるケースがあります。ここからは、追加書類が必要となる4つのケースについてご説明します。

【ケース1】所有者がローンや法人

車の所有者がローンや法人となっている場合は、以下の書類を取り寄せましょう。

  • ・所有者の印鑑証明書
  • ・所有者の譲渡証明書
  • ・所有者の委任状

これらはローン会社、もしくは法人から発行してもらうことができます。発行してから2か月以内に提出しましょう。

【ケース2】車検証と印鑑証明の情報が違う

お手持ちの車検証と印鑑証明書の住所を確認してみてください。もしも住所が異なる場合は、手続きをすることができませんので「住民票」を持っていく必要があります。住民票も発行してから2か月以内のものに限ります。

【ケース3】所有者が未成年

所有者が未成年である場合、以下の書類が必要です。

  • ・同意書
  • ・印鑑証明書
  • ・戸籍謄本(所有者と親権者の続柄がわかるもの)
  • ・親権者の実印

未成年の場合は親権者の同意が必須となります。

【ケース4】所有者が既に亡くなっている

もしも所有者がすでに亡くなられているといった場合は、状況によって必要な物が異なります。

<相続人が一人の場合>……戸籍謄本

<所有者の遺言書がある場合>……遺言証原本、除籍謄本、戸籍謄本、代表相続人の印鑑証明書、譲渡証明書、委任状

<相続人内に除籍された人がいる場合>……除籍される前の情報がわかるもの(戸籍謄本など)

廃車にかかる費用はどれくらい?

廃車にかかる費用はどれくらい?

これまで、廃車の手続き、それにともなう必要書類についてご紹介してきました。ここからは、廃車にかかる費用についてご説明させていただきます。

【1】解体費用

永久抹消登録をする際に、車を解体をしてもらいます。このときにかかる解体費用は、約1万~2万円が目安です。解体する際に、「状態が良く売れる部品」と「売れない部品」に分けられ、売れる場所が多ければ多いほど費用が安くなります。また、業者によって無料で引き取ってくれるところもあります。

【2】動かない車はレッカー代もかかる

故障などによって自走することができない車は、解体業者へ持っていくことができないため、レッカー車を呼んで運んでもらわなくてはいけません。レッカー代の費用相場としては約1万円~3万円となっており、移動させる距離によって変動します。

「もしかしたら動かせるかも?」と思っても、無理に運転させるのは危ないので少しでも不安に感じる場合はレッカー車を呼ぶようにしましょう。

【3】車のリサイクル費用

日本では平成17年1月1日より、「自動車リサイクル法」が施行されています。もしも平成17年2月1日以降に車検をとった車であれば、リサイクル料金は購入時に支払っているため廃車する際に再度リサイクル料金を支払う必要はありません。そうでない場合は車のリサイクル費用が発生します。

軽自動車の場合は約7,000円~1万6,000円で、普通自動車の場合は約1万円~2万円が料金の目安です。車種によって詳しい料金が違いますので、自動車メーカーのサイトなどで確認してみるとよいでしょう。

【4】廃車手続きの費用

陸運局にて廃車手続きをおこなう際に、書類を発行するときも以下の費用が発生します。

永久抹消登録:登録申請書代 約100円

一時抹消登録:登録申請書代 約100円+手数料350円

高いお金をかけて処分するなら買取ってもらう方法も……

自分で廃車手続きをおこなうと、なにかと費用がかかるものです。そんなときにおすすめなのが、買取業者に依頼するという方法があります。買取業者へ依頼することで、事故車でも買い取ってもらえるうえに高額で買い取ってもらいやすいのです。

「どうしてディーラーに持っていくとお金がかかるの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。ディーラーは中古車を売ることが大前提なので、走行するには困難な場合など、あまりにも状態が悪い車はディーラーにとってあまり価値がないといえます。

しかし、買取業者は部品やパーツを取り扱っているため、タイヤやバンパーなど、解体後も使える部品がたくさんあります。また、廃車の手続きから解体の手続きを代行してもらうことができるのもメリットです。もしも、どこの買取業者を選べばいいか分からないという場合は弊社のサービスをご活用ください。無料で買取業者を比較することができます。

【豆知識】廃車にすると自動車税が返ってくる!

余談ですが、廃車にすると自動車税が還付されることをご存知ですか?自動車税は4月から翌年3月までの支払いをしますが、この期間中に廃車にした場合は自動車税が月割で還付されます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ