事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車検切れの車も廃車にできる!知っておくべき注意点と手続き方法とは

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車検切れの車も廃車にできる!知っておくべき注意点と手続き方法とは

車検切れの車も廃車にできる!知っておくべき注意点と手続き方法とは

「車検切れの車を廃車にしたいけど、どうしたらいいのかわからない。」「車検が切れているのに廃車にできるの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、車検切れの車も廃車にすることができます。しかし、廃車にするにはさまざまな注意点を事前に確認しておく必要があるのです。

この記事では車検切れの車を廃車にする手続き方法のほか、ローンが残っている場合などの対処法などを解説いたします。

車検切れの車を放置していると起こりうること

車検切れの車をどうしていいのかわからず、ずっと放置している人はいませんか?放置していると、思わぬ出費が発生してしまうことがあるかもしれません。それではなにが原因で出費が発生してしまうのかを説明していきます。

自動車税納付書が届かずいつの間にか未納状態に……

車を所持していると、毎年5月上旬にいわゆる自動車税と呼ばれる自動車税納付書が届きます。車検切れの車であっても自動車税は払う必要があります。

しかし、車検切れの車の場合、自動車課税保留制度が適用されていて納付書が届かないこともあるのです。知らない間に未納状態になっており、督促状が届くことがあります。「もしかしたら滞納しているかも……」と不安な人は税事務所に確認するようにしましょう。

・自動車課税保留制度とは
自動車税課税保留制度とは、「都道府県が、車検切れの車の課税を保留する」ものです。車検切れの車は運転することができないので、使っていない車だと認識されます。

しかし、課税は保留されますが免除はされないため注意が必要です。たとえば、2年間車検切れ状態の車を車検したとします。すると、2年分+その年の自動車税を払わなくてはなりません。この保留制度は最大3年まで適応されますが、詳細は都道府県によって異なります。

・未納状態だとどうなる?
動車税が未納状態のままだと、それは税金を納めていないことと同じことになります。ずっと未納が続いていると口座や不動産などが差し押さえされてしまうこともあるので気をつけましょう。

車検切れの車も廃車にできる!その手続き方法とは

 車検切れの車も廃車にできる!知っておくべき注意点と手続き方法とは

車検切れの車を廃車するには、おもに2つの方法があります。「自分で手続きをおこなう」もしくは「廃車手続きをおこなってくれる業者に依頼する」という方法です。この章では、それぞれの方法についてご紹介します。

自分で廃車手続きをする場合

使わない車を、できるだけ自分で廃車したいと考える人もいるかもしれません。ここでは、自分で廃車手続きする方法をご説明します。

・仮ナンバーを発行する
業者のところまで車を運ぶために運転して移動させたいものの、車検の切れた車では公道を走ることができません。もし走ってしまうと「無車検車運行」としてペナルティが発生します。そのため、仮ナンバーと呼ばれるナンバープレートを発行することで車検切れの車であっても自走が可能です。仮ナンバーはナンバープレートに赤線が斜めに引いてあるのが特徴です。

仮ナンバーは最寄りの区役所・市役所、または陸運支局で発行してもらうことができます。仮ナンバーは最大5日間のみ運行が可能ですが、発行されるときに設定される日数は最小限であることが多いです。

そのほかに、セーフティーローダーと呼ばれる運搬専用車を借りて運ぶ方法もあります。この場合、中型または中型8トン限定免許証を所持している必要があるので注意しましょう。

・永久抹消登録の手続きをおこなう
廃車するには抹消登録をおこないます。抹消登録には「少しの間、車を使いませんよ」という場合に登録する「一時抹消登録」と、「今後一切、自動車として使いません」という場合の「永久抹消登録」があります。

この章では廃車にするということで、後者の永久抹消登録についてご紹介しましょう。

【軽自動車の場合】

自動車によって手続きの仕方が異なります。軽自動車の永久抹消は以下の通りです。

  1. 解体業者に依頼し、自動車を解体してもらう
  2. 業者から受け取った書類を記入
  3. ナンバープレートを軽自動車検査協会へ返却
  4. 「軽自動車税申告書」を含む書類を、軽自動車検査協会の窓口へ提出
  5. 自動車税事務所へ抹消登録申請をおこなう

【普通車の場合】
流れは軽自動車とほとんど変わりませんが、軽自動車は軽自動車検査協会でおこなうのが中心なことに対し、普通自動車は陸運支局が対応します。また、「軽自動車税申告書」を提出する必要がありません。

廃車買取業者に依頼する場合

自分で車検の切れた車を廃車するためには、解体業者へ解体を依頼しなくてはなりません。その時、仮ナンバーやセーフティーローダーなども、もちろん自分で用意しなくてはならないです。なお、陸運支局は土日休みですので、お仕事などで時間がない人にとっては、なかなか面倒な手続きなのではないでしょうか。

廃車買取業者には、この面倒な車の引き取り・手続きなどを任せてしまうことができるのです。

廃車買取業者へ依頼すれば面倒な手続きで悩む必要なし!

普通の廃車手続きだけでも手間のかかる作業ですが、車検切れの車はさらに提出する書類が多いので一苦労することもあるでしょう。

先ほど説明した通り、車検が切れた車は公道を走ることができません。また、自分で手続きをする場合は仮ナンバーを発行し、運搬のためにレッカー車などの運搬車も手配しなければなりません。廃車買取業者なら車の引き取りはもちろん、廃車手続きもすべて代行してもらえるのでおすすめです。

また、廃車買取業者に依頼をすると、廃車を無料で引き取ってもらえます。さらに、場合によっては買い取ってもらえることもあるのです。通常、解体業者に依頼をすると費用がかかってしまいますが、それがないというのも廃車買取業者に依頼するメリットといえるでしょう。

買い取ってもらえるかどうかに関しては、業者によって条件が違うので、あらかじめホームページや電話などで確認しておくようにしてください。

廃車にしたいけどローンが残ってた…こんなときどうする?

 車検切れの車も廃車にできる!知っておくべき注意点と手続き方法とは

もし、車検切れの車のローンが残っているときは廃車にできるのでしょうか。じつは、この場合も廃車手続きをすることが可能です。しかし、廃車をするにあたり、注意点があるので確認しておきましょう。

完済義務はあるが廃車は可能

車検切れの車の所有者が自分の場合、廃車にすることは可能です。しかし、ローンの完済義務は残ります。また、ローンを払い続けているうちに、自動車税を支払わなくてはならないこともあります。できるだけローンをすべて返済してから、廃車手続きをおこなうのがおすすめです。

【要注意】所有者が自分以外の場合は勝手に廃車にできない

たとえば、車でなくアパートを例に考えてみましょう。アパートの大家さんは、そのアパートの売買や解体をすることができます。反対に、アパートを借りている人は売買や解体などを勝手におこなってはいけません。廃車手続きも、これと同じことなのです。

車をローンで購入している場合、完済するまではローン会社が所有者として扱われます。もしも、所有者以外が廃車手続きをおこなうときは、ローンの完済後に所有者を自分へ変更してから手続きをするようにしましょう。

まとめ

これまで、車検切れの車を廃車にする方法などついてご紹介しました。

車検切れの車であっても廃車にすることはできます。しかし、自分で廃車手続きをするときはそのまま自走することなく、仮ナンバーを発行しなくてはなりません。自分で廃車手続きをおこなうときはさまざまな手順を踏まなくてはならず、時間がない人にとっては大変な作業です。

「できるだけスムーズに廃車手続きがしたいな」とお考えの人は廃車買取業者に依頼することをおすすめします。廃車買取業者では引き取りや廃車手続きなどをすべて依頼することが可能です。

また、業者によって条件などが異なるため、さまざまな業者に見積もりを依頼しながらよりよい業者を選ぶことでお得に買い取ってもらえます。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。