事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車売却時の税金の基礎知識!種類により還付されたり支払うものがある

最新情報・レポート

車売却時の税金の基礎知識!種類により還付されたり支払うものがある

車売却時の税金の基礎知識!種類により還付されたり支払うものがある

 

近年、洗練されたデザインの自動車が発表されています。新しい自動車に買い替えようと思い、現在所有している自動車の売却を考えているという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、自動車の売却には税金がかかってしまうことがあることを理解しておかなければ、得られる予定だった売却価格が大きく減ってしまうおそれがあるのです。

 

この記事では、自動車の売却にかかる税金はどんな条件で発生するのか、関係している税金の種類や自動車をなるべく高く売却する方法などをご紹介します。

 

 

車の売却時にかかわる税金は3種類!

車の売却には、税金がかかってしまいます。この税金は3種類存在しており、それぞれを理解しておかないと思っていたよりも売却金額が安くなってしまうこともあります。自動車の売却を考えているという方は、この売却時にかかる税金のことを理解しておきましょう。

 

自動車税は基本的に還付される

自動車を売却したとき、基本的に還付されるのが自動車税になります。自動車税とは、車を所持しているなら毎年支払わなければならない税金のことです。この自動車税は毎年5月に納付書が届けられ、排気量に応じた税金を収めなければなりません。

 

自動車重量税には還付の条件がある

自動車税以外にも、自動車重量税と所得税と呼ばれる税金が自動車売却時に関係しています。自動車重量税とは自動車の重量に応じた税金のことです。

 

自動車重量税は、新規登録時は3年分、2回目以降は2年分を車検時にまとめて先に支払います。支払いを済ませた期間より前に自動車を売却しても自動車重量税は還付されません。自動車を永久抹消した場合のみ、還付を請求できる仕組みです。

 

所得税は売却金額に税金が反映され支払うこともある

自動車を売却するときに反映される税金は、自動車税や自動車重量税のように場合により還付されるものだけではありません。所得税は、売却のタイミングや車の用途によっては、支払わなければならないことがあるのです。

 

自動車税について

自動車税について

 

自動車売却時の税金として、基本的に還付されるのが自動車税です。しかし、自動車税は必ず還付されるわけではありません。この項目では、自動車税が還付されるパターンと、自動車の売却時に払う税金として自動車税を納付しなければならないパターンをご紹介します。

 

税金が還付されるパターン

自動車税が還付されるパターンとしては、とくに問題なく自動車を売却する場合です。自動車の課税対象は、その車の所有者となっているため、自動車を売却して持ち主が変更された段階で課税対象ではなくなります。そのため、課税対象ではなくなった自動車の元の持ち主は、自動車税が還付されます。

 

税金を納付すべきパターン

自動車税を納付しなければいけないパターンとして多いのが自動車を売却するタイミングが3月末だった場合です。自動車税は4月1日時点の自動車所有者に対して課税されます。

 

3月末に自動車の売却をして次の所有者へと引き渡しても、事務処理の関係で所有者の名義変更が4月になってしまう場合があります。この場合、自動車の売却と次の所有者への引き渡しが完了していたとしても、法律上は自動車税の納税義務が発生してしまうのです。

 

自動車重量税について

自動車重量税は自動車税とは違い、自動車の売却すると同時に還付されるわけではありません。この項目では、自動車の売却しても自動車重量税を納付しなければならない(還付されない)パターンと、車検時に納付する金額の目安についてご紹介します。

 

税金を納付すべきパターン

自動車重量税は、車を売却するだけでは支払った人には戻ってきません。永久抹消をした場合のみ、残っている期間分の還付を請求できることを上で説明しました。

 

ただし、軽自動車の場合は、その車をもう使わないということで永久抹消をしても自動車重量税の還付はありません。それから、普通車の場合でも自動車重量税の残存期間が1ヶ月以下の場合は還付がありません。

 

車検期間を残したまま車を売却し、次の持ち主へと売られていく場合は、永久抹消にはなりません。車を手放す形が名義変更となります。還付制度を受けるためには、廃車にする必要があるので還付金はないのです。その代わり、多くの買取業者は残っている車検期間分に相当する自動車重量税分を上乗せして買取ってくれます。

 

「重量税を損するから車検切れの寸前に売ろう」というのは間違いで、車検の期間が3カ月以下ですと大幅に査定額が低下する可能性があります。車検が切れてしまった自動車は公道を走ることができないので、再登録の手続きに手間がかかるのも査定額が下がる理由の一つです。

 

税金の金額目安

自動車重量税の目安は、その名のとおり自動車の重量によって定められています。金額を見ると軽自動車がもっとも安く、6,600円となっています。次に0.5トン以下で8,200円、0.5トンから1トン以下で16,400円と0.5トン自動車の重量が増えることによって、自動車重量税の金額は上がっていきます。

 

基本的に2.5トンから3トン以下の重量がもっとも高くなっており、金額は49,200円と軽自動車の約7倍弱となっています。しかし、エコカーなどは自動車重量税の減額対象の自動車として認められているため、自動車の減税レベルによって安くなることもあります。

 

所得税について

所得税について

 

所得税は、基本的に還付されることがない税金です。所得税を納付する基準は、自動車税や自動車重量税とは少し異なっています。この項目では、自動車の売却時に払う税金として所得税が発生するパターンと、その料金の目安についてご紹介します。

 

税金を納付すべきパターン

自動車を売却したときに所得税を納付しなければならないパターンは、その自動車の売却額が購入額を上回った場合です。所得税は、この差額が50万円を超えた場合に発生します。

 

たとえば、300万円で購入した自動車が数年の間にプレミアがついて、売却価格が500万円になったとします。このとき、自動車を売却して200万円の利益を得ることになります。そこから50万円の控除額を引いた100万円が、所得税の納付義務対象となるのです。

 

一般的に自動車が趣味やマニアのかたではない限り、このような現象は起きにくいため、所得税が発生することは極めて低いといえるでしょう。

 

税金の金額目安

自動車の売却によって支払う所得税の金額は、基本的に自動車の購入額と売却額の差額によって決まります。195万円以下の利益を得た場合がもっとも安く、得た利益の5%が所得税として支払う金額になります。

 

4,000万円を超える利益を得た場合、得た利益から45%-4,796,000円が所得税として支払う金額としてもっとも高い目安です。しかし、自動車の所有年月が5年を超えている場合、自動車売却によって発生する所得税の納付金額を半分で計算してもよいことになります。

 

そのため、仮に控除額を考慮したうえで納付する所得税が100万円となっていた場合でも、その金額の半額の50万円で計算することが可能です。

 

車の売却金額に税金が反映される!けど車体に値段がつかなそう……

自動車の売却時に税金がかかることを理解したうえで、事故車や損傷の大きい自動車などは、車体自体に値段がほとんど付かないこともあります。そのような事故車や損傷の大きい自動車を売却したいと考えているとき、支払う税金より高く売れるのか気になりますよね。

 

この項目では、事故車や損傷の大きい自動車の売却時に税金が反映されても、損をしないための方法をご紹介します。

 

どんな車でも複数社を比較すれば高く売れる!

事故車や損傷の大きい自動車といった、売却時に支払う税金の方が高くなりがちな車は、複数の自動車買取サイトで相見積りをするのがおすすめです。どんな事故車や損傷の大きい自動車であっても、買い取るサイトの用途によっては価値が高く付くことがあります。

 

一社だけで見積りをおこなって支払う税金の方が高くなってしまうということは、自動車の売却においてはよくあることです。事故車や損傷の大きい自動車でなくても、複数の自動車買取サイトで相見積りすることで、思っていたより高く売れることも少なくありません。

 

まとめ

自動車の売却には、税金がかかってしまうことがあります。自動車の売却に関係する税金は、自動車税と自動車重量税、所得税の3種類となっています。それぞれの税金によって納付すべきパターンが違っているので、自動車の売却を検討しているというかたは、しっかりと理解しておくことが大切です。

 

また、事故車や損傷の大きい自動車といった「車体に価格のつきにくい車」であっても、複数の自動車買取サイトで相見積りすることで、思わぬ高値がつくことがあります。複数の買取サイトで相見積もりを取ることで、想像以上の利益を得ることもできるかもしれません。

 

自動車買取の比較には「事故車買取比較君」がおすすめです。自動車の売却を検討しているというかたは、事故車買取比較君で相見積りをしてみてはいかがでしょうか。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ