事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車が故障してしまったら?原因の見つけ方と原因別対処方法!

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車が故障してしまったら?原因の見つけ方と原因別対処方法!

走行中に車が故障したら…原因を確認する前にすべきこと

 

「車の調子が悪いのだけど、どこが故障しているのわからない」という場面に遭遇したことはありませんか?車は精密機械です。車に詳しくない人が一目見ただけでは、どこがどう壊れているのか見分けるのは難しいですよね。

 

そこで今回は車のエンジン、ブレーキ、マフラーに焦点を当て、それらが故障しているかどうかの判別方法や、車が故障していた場合の対処法をご紹介します。そのほか、車のメンテナンスや故障車の買取についてもお話ししたいと思います。今回の記事を読んで、ぜひ車に関する知識を深めていってください。

 

 

 

走行中に車が故障したら…原因を確認する前にすべきこと

いちばん危険なのは、走行中に車が故障してしまったときです。走行中に車が故障するとそのまま大きな事故に繋がりやすくなってしまいます。ですから、必ず故障の原因を探すよりもまえに安全確認が大切です。

 

まずは、走行中に故障した際の対処法を「高速道路」と「一般道路」に分けて確認してみましょう。高速道路の場合は車のスピードが速く、より大きな事故に繋がりやすいです。慌てて路上をむやみに歩き回ったりしないようにしましょう。

 

その後は以下のような手順で対応を進めてください。

 

1.後続車へ合図を送る(バザードランプ、発煙筒、停止表示版を使用)

2.安全な場所へ避難(車のまわりから離れる)

3.通報(110番など)

 

通報をする際は慌てずに、まずは自身の安全を確保してから連絡をするようにしましょう。また、車がまだ動くのであれば路肩に寄せて事故を防ぐことも大切です。

 

一般道路の場合も同様に、ほかの車の交通の妨げにならないような場所へ車を駐車するようにしてください。状況が落ち着いたら近くのJAF(日本自動車連盟)や修理業者を呼び、すみやかに修理やガソリンなど適切な対応をしてもらいましょう。

 

ただし、高速道路などの交通量の多い場所でJAFや修理業者を呼ぶ際には、安全な場所へ車を停車させてから呼ぶようにしましょう。道路上で車が動かなくなってしまった際には、高速道路・一般道路にかかわらずほかの走行車に車が動かないことをアピールすることが大切です。。

 

車のエンジンが故障した?

車のエンジンが故障した?

 

車の不調の原因としていちばんに思い浮かぶのは、やはりエンジンの故障ではないでしょうか。エンジンがかからなければ、車を動かすことさえできません。それでは、ここからエンジンの故障を症状別にみていきましょう。

 

エンジン故障の判別方法

まず、エンジンが故障している際の判別方法を3つご紹介します。

 

【判別方法1】エンジンがかからない

いちばん簡単な判別方法は、実際にエンジンがかかるかどうかでしょう。エンジンがかからなければ、エンジンに問題があることがすぐにわかりますよね。

 

【判別方法2】エンジンから異音がする

エンジンが「キュルキュル」などと異音を放っている場合、エンジンにトラブルが発生している可能性があります。異変に気がついた時点で、なるべく車に乗るのを避けましょう。

 

【判別方法3】エンジンから煙がでている

煙は目に見えますから、非常にわかりやすいですよね。エンジン周辺から煙が出ている場合、ほぼ間違いなく故障しているといってもよいでしょう。

 

エンジンから煙が出る原因は、大きくわけて2つあります。ひとつはエンジンオイルが濡れている場合と、もうひとつは冷却水が減ってエンジンがオーバーヒートを起こしている場合です。

 

エンジン故障の対処法

次に、実際にエンジンが故障してしまった場合の対処法をご紹介してきます。

 

エンジンが故障してしまった場合にはエンジン本体を修理することも可能ですが、実際には交換することがほとんどです。壊れていたエンジンは修理してもふたたび故障してしまうリスクが高く、新しいエンジンに取り換えるほうが長期的に見て安く済みます。

 

また、エンジン故障の場合には交換費用がエンジン本体を含めて50万円以上かかることも珍しくありません。ですので、壊れた車を廃車にして新しい車を買うという選択肢もあります。ご紹介したようなエンジンの症状が確認でき、エンジンを修理・交換する場合には必ず専門業者の方に必ず診てもらうようにしましょう。

 

車のブレーキが故障した?

エンジン以外にも多いのが、ブレーキの故障です。突然ブレーキがかからなくなり、そのまま建物に突っ込んでしまったという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。こうした事故を防ぐためにも、これからブレーキの故障の原因や対処法をご紹介します。

 

ブレーキ故障の判別方法

【判別方法1】ブレーキ音から異音がする

ブレーキを踏んだときの音を聞いて、問題があるかどうかを判断することができます。いつも通りブレーキを踏んだときに「キュッキュッ」と高音が聞こえた場合には「ブレーキパット」がすり減っている可能性が高く、そのまま乗り続けるとブレーキのかかりが悪くなってしまいます。

 

【判別方法2】ブレーキオイルのにおい

車のブレーキは油圧で制御しているため、ブレーキオイルの状態が重要となってきます。ブレ―キオイルが悪くなる原因として、長期間交換をしていない場合に起こるオイルの劣化が挙げられます。劣化したオイルからはかなりの異臭がするので、車から異臭がした場合はブレーキが故障しているかもしれません。

 

ブレーキ故障の対処法

ブレーキが故障してしまった場合は、修理や交換には専門家の知識や技術が必要となってきます。ひとつのブレーキにもさまざまな部品が使われています。中には消耗品も多いため、定期的な交換やメンテナンスをして、いつでもブレーキがしっかりとかかる状態を維持することが大切です。

 

ブレーキは車の安全面においていちばん重要なパーツですが、同時に消耗も激しいものです。少しでもブレーキに違和感を感じたら、すぐに専門の業者に相談するようにしましょう。

 

車のマフラーが故障した?

車のマフラーが故障した?

 

マフラーとは車の後方にあるパーツで、エンジンをかけた際に煙が出てくる筒状のものです。マフラーはエンジン音などの騒音を小さくしたり、エンジン内の空気やガスを外へ排出したりする役割があります。

 

マフラーが故障してしまうとエンジン音に歯止めがきかず、自身や周囲が不快になるほどの大きな音が出てしまいます。こうした事態を防ぐために、マフラー故障の判別方法や故障時の対処法をご紹介していきます。

 

マフラー故障の判別方法

【判別方法1】マフラーから異音がする

マフラーのパイプ内部から、「カラカラ」と異音がすることがあるかもしれません。このような場合には内部に損傷があるか、もしくはパイプの中に何かしらの異物が落ちている可能性があります。

 

【判別方法2】マフラーに穴が空いている

目に見えてわかりやすいのが、マフラーに穴が空いている場合です。穴から空気やガスが漏れてしまい、走行中に大きな音が出てしまいます。

 

マフラーに穴が空いてしまう原因として、長期的な使用による劣化やサビが考えられます。また、走行中に障害物に衝突するなどして穴が空いてしまうケースもあります。

 

マフラー故障の対処法

車検などでマフラーに穴が空いているのが発見された場合は、応急処置的に穴を塞ぐことも可能です。ですが、ほかにもサビなど劣化している箇所がある場合にはあくまで一時しのぎにしかなりません。

 

マフラーに異常を感じたら、まずは専門店や自動車整備会社に相談して修理や交換をしてもらうことをおすすめします。とくにマフラーはエンジンやブレーキに比べて認知度が低いため、日ごろから注意して見ておくとよいでしょう。

 

車は定期的にメンテナンスをしよう!

車の故障は突発的に起こる可能性があり、最悪の事故につながってしまうこともあるかもしれません。事故を未然に予防するためには、日ごろから専門業者に依頼して定期メンテナンスをしてもらうことが大切です。

 

では、どれくらいの頻度でメンテナンスをすればいいのでしょうか。

 

一般的に、車の定期点検は

 

・6か月ごと(6か月点検)

・12か月ごと(法定12か月点検)

・24か月ごと(車検)

 

という頻度でおこなわれます。

 

これらの点検では、最大26項目もの点検箇所を専門家が点検してくれます。ですが、気をつけなければならないこともあります。車検などで点検をしたからといって、必ず故障をしないというわけではありません。

 

日本自動車整備復興会連合会も、「車検を終えた車の30%以上が、ブレーキに問題を起こしている」という調査データを発表しているのです。エンジン、ブレーキ、マフラーに限らず車に何らかの違和感を感じたら、ご自身で専門家のところへメンテナンスに行くことをおすすめします。

 

故障した車を売りたい!買取先はどこがいいの?

車が故障した場合は故障した箇所を修理・交換するだけではく、車を買取に出して車自体を新しく購入することも解決策になります。車を売る際に主な買取先となるのは、ディーラーなどの自動車販売店や買取専門業者です。

 

ディーラー・販売店で買取をするメリットは、新しく購入する車の購入と故障車の買取を同時に行うことができる点です。その後、新車購入の際にオプションなどを優遇してくれることもあります。

 

買取専門業者では買取をするメリットは、ディーラー・販売店と比べると高めの値段で買取をしてもらうことができます。さらに、インターネットから一括査定サービスを利用すれば一度に多くの業者に査定をしてもらうことが可能です。

 

また、最近は業者に頼らずオークションやフリーマーケット(メルカリなど)に出品する方も多くなってきています。自分のニーズに合わせることができるというのが、これらの流行の要因となっているようです。

 

簡単なトラブルが原因で故障しているだけならまだしも、事故で破損した「事故車」の場合は少し厄介です。事故車は買取ってもらうのが難しいどころか、廃車の手続きで余分にお金がかかってしまうこともあります。

 

このような場合は、事故車のパーツなどを買取ってもらえる事故車専用の買取業者を利用するのがいいのかもしれません。

 

まとめ

車の故障は交通事故につながるなど、多くの危険が潜んでいます。故障は突然に起きてしまうこともあり、すべてのトラブルを未然に防ぐことは難しいのかもしれません。

 

車の故障を少しでも防ぐには、日ごろから専門家の定期的なメンテナンスを受け、車を万全な状態に保つことが大切となってきます。万が一車の調子が悪くなったときにも、今回ご紹介したさまざまな判別方法を確認していただければ、故障にすぐ気がつけるのではないでしょうか?

 

車の故障に気付いたらすぐに専門業者へ行き、部品の修理や交換をするようにしましょう。思い切って車を買取に出して、新しく車を購入するのもいいかもしれませんね。それでも、車の故障にはなかなか気付きにくいものです。心配な方はお近くの専門業者や整備会社へ行き、ご自身の車の状態を確認することをおすすめします。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ