事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車のフレーム修理は高額になりやすい!査定に影響される車の賢い売却

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車のフレーム修理は高額になりやすい!査定に影響される車の賢い売却

車のフレーム修理は高額になりやすい!査定に影響される車の賢い売却

 

事故で車のフレームにゆがみがでてしまった場合、買いかえて乗り続けるか、修理して乗り続けるか迷いますよね。とくに、最近買った車や、まだローンが残っている場合は悩みますよね。

 

車のフレームが損傷した状態だと、走ることが不可能になったり、まっすぐ走ることができなくなったります。

 

車のフレームは他の車と追突して大破しない限り、修理して乗り続けることができますが、完璧に元の状態に戻すといったことはできないようです。また、車を売る際には「一度事故を起こした車」とレッテルがつけられることも……。

 

今回は、「ゆがんでしまった車のフレーム修理」について詳しくお話していきたいと思います。車を乗り換えるほうがいいのか、乗り続けるほうがいいのか悩んでいるかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

車のフレーム修理にかかる費用

そもそも、車のフレームとは一体何なのでしょうか。知っているかたもいらっしゃるでしょうが、念のためみていきましょう。

 

車のフレームとは、「車を安全に動かすために重要な部品のこと」です。フレームはその名の通り、車の枠、つまりは骨格の役割を果たしています。

 

重要な車のフレームを交換しようと思うと、骨格から直さなければいけないため、修理費用は自然と高くなってしまいます。修理代は被害の状態にもよりますが、少し傷ついたぐらいなら数千円~数万円で修理することができます。被害の状況によっては100万円前後かかってしまうこともあるそうです。

 

また、車を走らせることができないほどに破損してしまった場合には、車を買い替えるより費用がかかってしまう場合があります。

 

一度損傷したフレームを、完璧に元の状態に戻すことは難しいです。フレームの損傷が激しい場合には、実際に見積りをしてもらうことをおすすめします。そこで、話を聞いてから修理に出すか、出さないかを決めるとよいでしょう。

 

車のフレームの種類は2つある

車のフレームの種類は2つある

 

車のフレームには「ラダーフレーム」と「モノコック」の2種類あります。

 

今乗っている車のフレームがどちらの種類か調べることによって、どちらのフレームを使用している車を買うのか、参考にしてみてもよいかもしれません。

 

ラダーフレーム

ラダーフレームとは、車のフレームがハシゴ(Ladder)のように見えることからこのような名前で呼ばれるようになりました。ラダーフレームは頑丈ですが、その反面、重量が重くなり燃費が悪くなってしまうこともあるようです。

 

しかし、しっかりと頑丈なつくりになっており、フレームとボディーが別々になっているため、ひどい事故でなければフレームを交換することが可能です。

 

モノコック

モノコックは、ボディーとフレームがひとつになった構造です。ラダーフレームのように分けることができないため、衝突の際にフレームにゆがみができやすくなっています。

 

そのため、モノコックの車が事故にあうと、修理をしても完全に直すということは難しいそうです。しかし、このモノコックは安全性が高いため、ぶつかった際に衝撃を吸収してくれるという利点があります。

 

車のフレームが曲がったときは修理が必要?

「車のフレームが少し曲がっているけどこれは修理に出すべきか?」、そう悩まれるかたも多いと思います。

 

フレームがゆがんでいる状態で運転するのは危険です。とくに、高速道路などを走行する際に不具合が生じる場合が出てきます。そのため、車のフレームに違和感があれば、修理に出しましょう。

 

車のフレームは修理に出したらもう安心?

車のフレームは修理に出したらもう安心?

 

車のフレーム修理は、科学技術が進歩した現在でも、完全に直すということは難しいようです。もちろん、修復をすることによって、違和感のない程度に乗ることができ、走行にも問題がない状態になります。

 

しかし、誤差1ミリ以下の精度で修復ができていても、車全体では1ミリ以上のズレになっている可能性もあります。そのため、フレームを修理したから安心だとはいいきれません。

 

車のフレームを修理に出すデメリット

車のフレームを修理に出すと車の修復歴がついてしまいます。修復歴とは、車の下取りや売り出しの基準のことです。修復歴がついていると、車を売る際に車の価値が大幅に下がってしまいます。

 

しかし、事故を起こしてしまった以上どうすることもできません。車のフレームを修理に出しても、車を直しても売る際には、価値が下がっているということを覚えておいてください。

 

車のフレームが損傷したとき修理or買取どちらがよいの?

修理か買取かを決める際には、「乗っている年数・修理費用・安全性」の3つの判断基準を参考にして判断しましょう。

 

(1)乗っている年数

乗り換える時期ですが、新車である場合や、まだ車のローンが残っている場合には、フレーム修理に出すほうがよいでしょう。しかし、比較的長い期間(10年以上)乗っている車の場合には、買取してもらって新しい車に替えたほうがよいかもしれません。

 

(2)修理費用

車のフレーム修理が高すぎると感じるなら、乗り換えにしたほうが安く済む場合もあります。修理をする際には、修理をしてくれる業者と、しっかり話をしてから決めましょう。

 

(3)安全性

とくに、モノコック構造の場合には、フレーム以外にも他の部品に影響が出ている場合があります。万が一、事故でも起こしてしまったら大変です。放置するということはせずに、必ず業者の人にみてもらいましょう。

 

また、買い替える際には、複数の業者さんに見積りをお願いし、出された価格を比較して考えていくことが大事です。

 

修復歴・事故歴があっても高く買い取ってもらう方法

車を買い替えることを決めた際には、購入費用の買い足しになるように、できるだけ高く買い取ってもらえるといいですよね。たしかに、修復歴や事故歴があると査定が下がってしまいますが、一方で買い取ってくれる業者さんもいます。

 

大切なのは、修復時の業者選びと同じです。しっかりと業者を比較検討して、高い値段で買い取ってくれるところを探しましょう。

 

まとめ

車のフレーム修理は約100万円前後と高くついてしまいます。場合によっては、車を買い替えたほうがいいこともあります。目安として10年以上乗り続けている車なら、新しい車を購入するほうがよいでしょう。

 

車のフレームは車を構成する骨組みのようなもので、フレームがゆがんでしまうと他のパーツにもゆがみが現れてきます。また、修理に出したから売りに出すと「修理歴」というものがついてしまい、大きく査定が下がる場合が多いです。

 

また、修理をしてもらうにしても、完全に車が元の状態に戻るということはありません。 ローンが残っている、新車である場合には修理に出してしまう人のほうが多いように感じます。しかし、それ以外の場合には売って新しい車に買い替える人のほうが多いようです。

 

買取をしてもらう際には、ひとつの業者だけではなく、複数の業者を比較検討することが大事です。よい業者選びは下調べが大切です。じっくり検討し、後悔のないようにしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。