事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

電気自動車の事故は感電のおそれ?事故時の安全措置と事故車の処分

無題ドキュメント

最新情報・レポート

電気自動車の事故は感電のおそれ?事故時の安全措置と事故車の処分

電気自動車の事故は感電のおそれ?事故時の安全措置と事故車の処分

 

近年では、電気自動車が多様化してきています。電気のみで走る、電気自動車やガソリンと電気を使用するハイブリッド車など、さまざまなタイプが登場しています。電気自動車は、地球環境にも優しく排気ガスを出さないので注目を集めています。

 

しかし、そんな便利で地球環境に配慮された電気自動車ですが、事故に遭遇してしまうと、感電や漏電のおそれが……。

 

そんな事態に巻き込まれてしまったら、誰しもがパニックになり冷静な判断ができなくなってしまいます。そこで、今回このコラムでは「電気自動車の事故で感電のおそれが、事故に遭ってしまったときの安全措置と事故車の処分」についてまとめていきます。

 

 

「電気自動車で事故を起こすと感電・漏電する」ってホント?

電気自動車で事故を起こしてしまうと、どのような事態になってしまうのでしょうか。やはり、電気を使用しているだけあり、感電や漏電などのトラブルが起こるのではないかと不安になってしまいますよね。実際のところどうなのか、確認してみましょう。

事故の際にはバッテリーが遮断される

電動自動車は、高電圧バッテリーが搭載されています。事故が起これば車体が揺れますよね。その揺れを察知し、エアバックを展開と同時にバッテリーが遮断され車の走行ができなくなってしまうのです。走行中に事故に遭ってしまったときは、できるだけ素早く歩行者側に寄せることが大事になります。

 

なぜ、バッテリーが遮断されるかというと法律で決められているからです。この法律は、乗員とレスキュー隊員、双方ともに感電を防ぐことが義務付けられているのです。この機能は一般的に売られている電気自動車や、ハイブリッド車などの燃料電池車すべてに備わっています。

 

ただし感電・漏電の危険はゼロではない

しかし、高電圧バッテリーが遮断されるからといって、感電や漏電の危険性はゼロではないのです。車体が大きく破損してしまうと感電のおそれが出てきます。

 

しかし、事故に遭って感電してしまった。という事例は少なく安全性は非常に高いといえます。電動自動車を生産している各会社は、「電気自動車等の衝突における感電保護性能試験」の基準に添い試験をおこなっています。

 

そのため、乗員とレスキュー隊員、双方の感電のおそれはとても低いといえます。しかし、どんなに性能試験をしても、私たちが想像できない事態に発展してしまうことも「まったくくない」とはいい切れないのです。

 

災害などで水没したときも感電・漏電にご注意を!

災害などで水没したときも感電・漏電にご注意を!

 

電気自動車のバッテリーは、ある程度の水没時にも耐えられるように作られています。ガソリン車より優れているものが多いでしょう。しかし、水没に耐えられるといってもやはり限界はきてしまうものです。長い時間、水没してしまった際にはバッテリー内にまで浸水するおそれもあります。

 

バッテリーが水に触れてしまうと端子間がショートしますが、車の表面には電流が流れないようになっています。ガソリン車と大きく違うところといえば、バッテリーの両端子が絶縁されていることです。ボディとバッテリー自体がつながっていないため、感電するということはほとんどないでしょう。

 

しかし、どんなに優れた作りをしていたとしても、私たちでは考えられない事態に発展するおそれもあるので油断は禁物です。

 

電気自動車で事故したときの対処方法

電気自動車に乗車している際に、事故が起きてしまったら……。とても焦ってしまい、おそろしく感じてしまうことでしょう。そんなときこそ冷静に判断することがとても重要になってきます。そこでここでは、事故に遭ってしまったときの対処法を予め覚えておきましょう。

まずは警察・救急に連絡を

まずは警察と救急に連絡を入れましょう。警察に連絡をすれば、あとのことは指示を出してくれますし、事故現場を見て原因なども調べてくれるでしょう。そして、重要なのが救急です。目立った外傷がなくても、とりあえず連絡だけは済ませましょう。

 

数日経ってから「体が痛い」なんてことがあったら大変です。早めの診察をして、怪我がなければいいに越したことはありせん。病院で診てもらい怪我に早く気づくことによって、その分早く治癒ができますので救急車は必ず呼ぶようにしてください。

 

むやみに近づかず、レスキューを呼ぼう

もし、目の前で事故が起きていたらむやみに近づかずレスキューを呼びましょう。「助けよう」と意気込んで助けるどころか、巻き込まれてしまうおそれが非常に高いです。二次災害に陥ってしまうこともあります。

 

電動自動車の救助は完全防備をしているレスキュー隊員でさえも、システムが完全に停止した状態でなければ助け出せないのです。心配で助けたいという気持ちも分かりますが、そこはぐっと堪えて迅速に対応してくれるレスキュー隊員を呼び大人しく待ちましょう。

 

電気自動車が使えなくなったら…業者に買い取ってもらおう

電気自動車が使えなくなったら…業者に買い取ってもらおう

 

事故に遭って電気自動車が使用できなくなったら、業者に買い取ってもらいましょう。廃車ではないの?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、「お得」という点では廃車より確実に買取をおすすめします。

 

しかしそのとき、「業者はどうやって見つければいいの?」と疑問に感じてしまいますよね。ここではなぜ買い取りがおすすめなのか、業者をどうやって見つければよいのかについて、ご説明していきます。

 

「お得さ」なら廃車より買取がおすすめ

買取と聞くと、「手数料や、出張査定費用などが必要なのではないか……。」と不安に思う方も多くいるかと思います。大体の業者は手数料や出張査定などは掛からないところが多くあります。

 

そして、口頭でも「車名・年式・車体の色・車検内容」などさまざまなことから判断してくれます。時間があまりない方にとっては、とてもありがたいサービス内容ですよね。

 

中にはローンの負債があっても売却が可能な業者も存在しています。面倒な手続きもおこなってくれるところもありますので、手間が掛からないという利点も魅力です。このような、事柄から買取がとてもおすすめなのです。

 

賢い業者の選び方

買取をおすすめする理由が分かったところで、次は肝心な業者の選びかたについてです。車でも、電気自動車を買い取ってくれる業者を選ぶ必要があります。そして最も大切なのは、正当な金額で買い取ってくれる業者かどうかでしょう。参考になる事柄は以下のようになります。

 

・一括査定をしてもらう

・見積りをだしてもらう

・気になる業者を数件に絞り相見積りを取る

・比較サイトなどで調べる

・業者の口コミを見てみる

・ホームページがあるか確認する

 

以上のことに着目しながら、自分が納得いく価格で買い取ってもらいましょう。

 

まとめ

電動自動車の感電や漏電になるケースは比較的珍しいものです。しかし、何がおこるかわかりませんので注意が必要です。走行中は、気を付けて運転することがとても大切。そして、事故に遭ったときには警察と救急に必ず連絡しましょう。

 

ことが大きくなる前に収束させることが、なによりも混乱を防ぐことができます。事故車になってしまった電動自動車は、廃車として扱うのではなく業者に買い取ってもらうとお得になるでしょう。

 

業者を選ぶ際には「ここ、よさそう!ここにしよう!」とすぐに決めるのではなく、いくつか気になる業者を調べて見積りを取ってもらったり、口コミなどを見たりして判断しましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。