事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車の売却をするにはどうすればよい?愛車を高く売るためのコツとは

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車の売却をするにはどうすればよい?愛車を高く売るためのコツとは

車の売却をするにはどうすればよい?愛車を高く売るためのコツとは

 

愛車にもお別れをする時期はいつかはやってきます。そしてその時期が来たら、できるだけ自分も車もお互いが幸せになる別れ方をしたいものです。

 

愛車との円満な別れ方といえば売却です。廃車にしないで今後も誰かに使ってもらえますし、持ち主としてはお金になるのでうれしいですよね。今回は、魅力的たっぷりな「車の売却」についてご紹介させていただきます。

 

一口に車の売却といっても、買取額は大きく変動します。売却方法から売却するときの状態まで、数々の要素が積み重なるからです。

 

少しでも高く売るにはコツが必要です。売却に出すタイミングから売るべき業者まで、ポイントをつかみましょう。

 

 

車の売却って、何から始めればいいの?

さあ、車を売ろう!と思い立ったのはよいものの、初めての売却を経験する方なら当然どうすればよいか悩むものです。そんな方のために今回のコラムがあります。車の売却は最初が肝心です。まずは売却方法についての基礎知識を身に付けましょう。

 

車の売却は、まず方法を決めることから

車を売却する手順はおおまかに以下の通りです。

 

1.売却する方法を決める

2.買い取ってくれる店舗、または業者を決める

3.見積り・査定してもらう

4.査定額に合意したら売却の契約をする

5.車を引き渡して査定額を入金してもらう

 

この手順の中でも、1と2は査定額を大きく左右する大事なポイントです。どんな業者に買取してもらうのかで、査定額が何万、何十万も変わる可能性があるのです。最初の「売却方法の選択」と「業者選び」は慎重におこないましょう。

 

知っておきたい車の売却先

車の売却先と聞いて、何のことだろうかと思われる人もいるかもしれません。今の時代は、車を売却するにも、新車・中古車・事故車・廃車それぞれ専門業者があるというほど多様化しています。

この中でも「新車」と「中古車・事故車・廃車」の2グループでは売却先が大きく変わってきます。新車の売却先に向いているのは「ディーラー」であり、中古車・事故車・廃車は「買取業者」がおすすめです。

 

・ディーラーに下取りに出す

・車買取業者で買取ってもらう

 

つまり、この2つが車の主な売却方法になります。ここからはこの2つの売却方法について、メリット・デメリットを踏まえながら、掘り下げていきましょう。

 

車の下取りをディーラーに頼んだ方がいい?

車の下取りをディーラーに頼んだ方がいい?

 

車の下取りというのはそもそも、新車に乗り換える際に、今乗っている車を新車の購入先であるディーラーさんに引き取ってもらうことです。引き取る際にはお金がもらえるため、この下取り金額が売却価格ということになります。

 

「購入」と「売却」を同時に済ませるので、手続きや手間が少ないです。また、新車を購入するときの値引き交渉の材料としても下取りは有効です。

 

ディーラーでの下取りは、買取専門の業者へ売却する場合に比べて、査定価格が低くなりやすいです。また査定も直接店舗に持っていっておこないますので、移動を面倒に感じる方もいるかもしれません。

 

とはいえ、書類などの用意の観点から見れば、「できるだけ手間をかけずに新しい車を購入したい。」という人にオススメの方法です。

 

「でも車を売却するならせっかくだから高く買い取ってほしい。」とお考えでしたら、下取りにだすより中古車買取店に査定してもらうという手があります。

 

ディーラーよりも、中古車買取店に売却した方がいいのか?

中古車買取店では、車を買取ることがメインになります。買取業者は販売ルートを持っているため、下取りに出すより価格が高くなる傾向があります。また廃車寸前のようなボロボロの事故車や廃車でも、専門の買取業者に出せば高額で買い取ってくれる、というラッキーな事例も起きるときがあります。

 

車を買い取りに出すときの査定見積りを無料で体験できる業者が多いです。また業者のところに行かなくても、査定員が家まで来て査定してくれる「出張査定」というサービスもあります。

 

また複数の業者に査定に出す「一括査定」をすれば、買取に出す車の相場価格がわかるうえ、業者同士が競い合ってサービスの質や買取価格が上がることも期待できます。

 

デメリットとしましては、やはり売却への手間がかかることでしょう。1つの査定だけでも手続きや時間を取られてしまうのですが、一括査定になるとその手間は複数の業者分、増えていきます。

 

また買取業者は日本全国にたくさんあります。たくさんある分、優良な業者と優良ではない業者の差が激しいです。販売ルートはそれぞれの買取業者によって違うので、高額買取を狙うには、各業者に査定してもらって比較するという手間がかかる点には注意しましょう。

 

買取の場合は「自分で動く」ということが大事になります。最近ではインターネットなどを使って一括査定の依頼が簡単になってきています。一括査定をおこなうなど、手軽に試せる方法で価格を比較しましょう。

 

車をできるだけ高く売りたいなら!知っておくべきポイント

車をできるだけ高く売りたいなら!知っておくべきポイント

 

一括査定をして買取価格を高くするための業者の選び方について解説しました。

ここかからは、「査定時」に査定を上げるポイントについて紹介していきます。意外なところが査定を上げるポイントだったりしますので、ぜひ目を通してみてください。

 

ポイント1 購入時にあったものを揃えておこう

購入時には予備の鍵や説明書、証明書など、さまざまなものが付帯しますよね。これらの購入時に受け取るものは、見つけられる限り見つけ、査定官に提出しましょう。

車を売却した先には、中古車を購入したい人が待っています。その人が購入したときにあるとうれしいスペアキーや取扱説明書はとくに準備してあると査定アップのポイントになる可能性が高いです。

 

ポイント2 オプションパーツは査定価格を変動させる

タイヤやホイールなどカスタマイズさせるオプションパーツがあれば、基本的に査定ポイントがあがります。実際に費用をかけてカスタムしたパーツですし、全体の見栄えがよくなる場合が多いので、その分価値が高い車だと判断してもらえるのです。

反対に、オプションがついているせいで査定額が下がる場合もあります。それは、個人的な趣味が強すぎて、少数の人しか好まないようなカスタムの仕方です。カスタムをしている車の場合は一度、客観的な目線で車をチェックしてみるとよいでしょう。

 

ポイント3 整備記録簿をつけておこう

整備記録簿というのは、今までの整備や点検の時期や内容の履歴を記録したノートです。この整備記録簿があるのとないのでは査定が変わっていきます。

中古車を購入する人はできるだけ、安全な保障がある車を選びたくなります。整備記録簿がしっかり記載されていれば、とても信頼性があがります。いうなれば、安全証明書になるのです。

 

ポイント4 買取価格は季節によって変動する

じつは、1年の中で、中古車の購入がとくに伸びる時期が1月~2月です。3月が決算月ということもあり1年で1番中古車が売れる時期になるからです。

この時期こそが売却のねらい目です。中古車がたくさん売れるときは在庫もたくさん欲しいのが商売ですので、自然と買取価格もあがるという仕組みなのです。

また時期といえば、車検の1~2ヶ月前に売却するのもおすすめです。車検には車検事態にかかる費用や、車検と同時に支払う税金があります。これらを支払ってから売却するよりも、車検前に売った方が安く済むでしょう。

 

まとめ

車は安い買い物ではありません。人生の間で車の購入は数えられる程度の人が多いはずです。また車は毎日の生活の中で欠かせない交通手段です。高い買い物で長い時間使っているとそれだけ思い入れができるのは自然な話でしょう。

 

そんな愛車を売却するのですから、すこしでも評価はよくされたいものです。買取価格をあげるには「売却方法」「業者選び」「車の状態」「整備記録簿」「売却に出す時期」を考えておくと高く売却できるでしょう。

 

高い買い物だからこそ、少しでも高い値段で売却する。これができる人が真の「買い物上手」といわれる人なのかもしれません。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。