事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車を廃車にする費用ってどれくらい?費用を抑えるポイントを紹介

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車を廃車にする費用ってどれくらい?費用を抑えるポイントを紹介

事故車を廃車にする費用ってどれくらい?費用を抑えるポイントを紹介

 

「事故に遭って車が破損してしまった…」車に乗っていれば、そういった経験をされることもあるでしょう。車での事故はないにこしたことはありませんが、事故に遭う可能性はゼロではありません。車が大きな事故に遭ってしまったら、損傷が大きくなることもあるでしょう。かすり傷程度でしたらまた乗ることも可能ですが、あまりに損傷が大きい場合、廃車にするしかありません。

 

車が事故に遭うことは、人生に何度もあるものではありません。廃車にするにはどうしたらよいのか、困ってしまう方も多いと思います。車が事故に遭って、廃車にしなければならないときに、どのような手続きを取ったら良いのでしょうか。今回の記事では、その具体的な方法をご紹介していきます。

 

 

交通事故車を廃車にする手続きって、どうしたらいいの?

交通事故にあってしまった車を廃車にするには、基本的に以下の3つの方法があります。

 

ディーラーで廃車にしてもらおう

新車の購入も考えているという場合は、車を購入したディーラー(販売店)にて無料で廃車してくれます。廃車そのものだけでは、料金を請求されます。また、廃車にした際に出た鉄くず代をもらったりすることもできません。廃車にすると自動車税や自動車重量税が還付されますが、ディーラーに頼んだ場合はどうなるのか、事前に担当者に確認しておいた方がよいでしょう。

 

解体業者にスクラップにしてもらおう

解体業者にレッカー車で事故車を持っていけば、有料で解体をしてもらえます。解体後は、発行してもらった証明書を運輸支局に持っていき、永久抹消登録をします。解体業者に持っていけば、鉄くず代をもらえることが多いですが、解体料金を払わなければなりません。解体料金を差し引いて利益が出ることは、期待できないでしょう。

 

中古車買い取り業者や廃車専門買取店に買い取ってもらおう

中古車の買取業者や廃車専門の買取店に買い取ってもらう、という方法もあります。

 

・中古車買い取り業者に買取を依頼

中古車買い取り業者では、損傷がある車を引きとってくれます。解体して車の部品を売ることで商売ができるためです。レッカー車で事故車を店舗まで運ぶことや、手続きの代行も無料でしてくれることが多いです。また中古車買い取り業者なら、廃車にするかどうかグレーな車を、手数料無料で買い取ってくれることがあります。独自の販売ルートを持つ中古車買取業者ならではの、サービスといえるでしょう。

 

・廃車専門買取店に買取を依頼

廃車専門の買取業者は、廃車を専門に買い取るサービスを提供しているため、より高額で買い取ってもらえる可能性があります。通常廃車専門の買取店では、レッカー車の代金や手続きの代行手数料も無料なので、お得に買い取ってもらえるでしょう。

 

事故車の廃車手続きって自分でもできるの?

事故車の廃車手続きって自分でもできるの?

 

自分でも事故車の廃車手続きをすることはできます。その手続きは複雑ですが、知っておくことで費用を抑えることもできます。廃車の費用が抑えられるのなら、できるだけ費用を抑えたいものです。

 

自分で廃車手続きをする方法を知ろう

自分で廃車の手続きをしたいとき、どのような流れで行うのでしょうか。自分で廃車手続きをする一連の流れを確認しておきましょう。

 

・解体業者に依頼

自分で廃車にするには、解体業者に依頼をする必要があります。その際、解体を行ったという証明書をもらっておきましょう。

 

・運輸支局ですること

解体証明書を持って運輸支局や役場に行き、廃車をするのに必要な書類をもらいに行きます。運輸支局のナンバー返納窓口でナンバープレートを返却した後、申請するための書類を全て提出します。そして税申告の窓口で、自動車税の抹消申告をします。運輸支局で手続きを終えたら、契約している保険会社に廃車にしたことを報告し、解約の手続きをします。

 

自分で廃車手続きをするメリット

自分で廃車の手続きをするメリットは、廃車を依頼したときの手数料などを支払う必要がないということです。税金が還付されることもメリットといえます。廃車になるべくお金をかけたくないという方にはおすすめです。

 

自分で廃車手続きをするデメリット

自分で廃車手続きをするデメリットは、一口にいうと手間と時間がかかるということです。また、事故車を動かすことができない場合は、レッカー車を用意して事故車を運ばなければなりません。そのための費用もかかります。

 

事故車を廃車にする費用ってどれぐらいかかるの?

事故車を廃車にするのにかかる代金は、どれぐらいかかるものでしょうか?まずは、事故車を廃車にするために、やらなければならない作業を知りましょう。できれば、その費用を少しでも抑えたいものです。費用を安くする方法も、合わせてご紹介していきます。

 

費用の内訳について知ろう

事故車を廃車にする費用には、どんなものが含まれるのでしょうか?気になる内訳をご紹介します。

 

・解体費用

解体業者に依頼する場合、車の解体に費用がかかります。費用は数万円です。業者によっては、解体料が無料のところもあります。

 

・リサイクル料金

車を解体した後は、リサイクル法に従って処分がなされます。リサイクルをする費用も、所有者が負担します。平成17年から始まった「自動車リサイクル法」により、所有者にはリサイクルにかかる費用を支払うことが義務づけられています。平成17年以降に買った車や、車検を受けた車なら、すでに支払われているのでリサイクル費用は要りません。

 

・書類上の手続き

廃車手続きには、運輸支局での抹消登録の手続きをしなければなりません。自分ですれば数百円で済みますが、業者に依頼した場合は数千円以上の費用がかかります。手続き自体は、半日ほどで終わります。事故車を廃車にするには、以上の全ての作業をして、費用は数万円です。廃車にするだけで、お金が数万円取られるのは、とてももったいないものです。廃車費用をできるだけ抑えるには、どうしたらよいのでしょうか。

 

廃車費用を安くする方法とは?

手続きを業者に頼まず自分ですれば、費用がかなり抑えられます。解体業者に払う解体費用はかかりますが、書類の手続きを自分ですることで、業者に頼んだ場合の手数料分がなくなります。

 

買い取ってもらうこともできる

中古車の買い取り業者や廃車買取の業者に持ち込めば、買い取ってもらうこともできます。廃車を買い取ってリサイクルしたり海外へ中古車として輸出したりする場合、中間の業者に手数料がかかってしまいます。自社にリサイクル工場がある業者なら、中間マージンを取られずに直接買い取ってくれます。

 

自賠責保険料や重量税の還付について知っておこう

自賠責保険料や重量税の還付について知っておこう

 

自賠責保険料が戻ってくる場合とは

自賠責保険とは、事故の被害者に対し、最低限の救済をするために設けられた保険です。事故にあったとき、被害があった人の体に関する損害補償をします。この保険は、法律によって加入が義務付けられています。自賠責保険料の返金は、保険会社で解約手続きをして行います。返金の手続きをした翌月から、保険の契約期間までを月割りした金額が戻ってきます。

 

自動車税の還付を受けられる場合とは?

普通車を4月~2月の間に廃車にする場合、自動車税の還付を受けられます。通常自動車税というのは、その年の4月から翌年の3月までを1年と考え、5月に全額を支払います。しかし、年度の途中で廃車にしたときは、それ以降の分の月割りの自動車税が戻ってきます。自動車税の還付が受けられるのは、普通車に限ります。軽自動車の自動車税は戻ってきません。

 

自動車重量税が戻ってくる場合とは?

自動車重量税とは、車検を受けた車種や重さによって課される税金です。新車を買ったときに3年分を、車検をしたときに2年分を納税することが決められています。書類は永久抹消登録の申請書と一緒なので、事故車を解体したときの手続きと同時に行うことができます。車検の有効期間がまだ1カ月以上あれば、返金の申請ができます。

 

まとめ

事故に遭って車に損傷ができたら、多くの方が廃車にするでしょう。廃車をするには、さまざまなやり方があります。ご自分で廃車の手続きをすることも可能です。ポイントを押さえれば、廃車の費用を抑えることができます。この記事を読み、納得のいく方法にて事故車を廃車されるとよいでしょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。