水没車を高く売りたい時の注意点と方法|事故車・廃車の一括査定で最高買取価格がわかる|事故車買取比較君

事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

水没車を高く売りたい時の注意点と方法

無題ドキュメント

最新情報・レポート

水没車を高く売りたい時の注意点と方法

水没車を高く売りたい時の注意点と方法

洪水などの災害により車が水没してしまうと、水没車として扱われ、車の価値が低くなってしまいます。車が水没してしまうと、車内が泥臭くなり、最悪エンジンがかからなくなる可能性もあります。自走できなくなった水没車は廃車になることが多いです。しかし、車としての価値が残っていれば買い取ってもらえるケースもあるのです。

今回は水没車を高く売りたいときの注意点と方法をご紹介します。水没車を売りたいと考えている方はこれらを知っておくことで、高額査定を目指し、トラブルを未然に防ぐこともできるでしょう。

 

 

水没車両に考えられるトラブルは何があるのか

水没車と呼ばれる基準は車内に水が入ったかどうかです。水没車は水に浸かっただけであるため、見た目ではあまり状態が分かりません。車の内部には被害が発生しているため、どのような症状が出るのかご紹介します。

エンジントラブル

水が浸水してきた際に、最初に被害を受けるのはマフラーです。走行中に水がマフラーに侵入してしまうと、排気ガスを排出できなくなります。これが原因でエンストを起こしてしまうのです。

浸水した部分がマフラーや排気部分だけであれば水を取り除き、乾燥させることで問題なくエンジンは動きます。しかし、マフラーや排気管が錆びてしまう恐れがあるので注意が必要です。マフラーだけでなく、エンジン内部に侵入してしまった場合はエンジンが故障する可能性があります。

エンジンは空気とガソリンの混同気をピストンで圧縮し、燃焼させることで動力を生み出す仕組みになっています。この空間に水が侵入してしまうと、ピストンと連結しているコンロッドに想定外の力が加わるため破断してしまうのです。
この現象はウォーターハンマー現象と呼ばれています。破断したコンロッドはエンジンにとって危険なものです。ピストンやエンジンの内壁を傷付け、エンジン自体を取り換えなくてはいけない可能性があるため注意しましょう。

ニオイトラブル

車内に侵入する水は、泥水などの汚水です。汚水がフロアシートなどに染みついてしまうと嫌なニオイを発生させます。ニオイだけでなくカビも発生するため、ニオイもより強力になるでしょう。エアコン内部に侵入することで、エアコンからもニオイが噴き出てきます。ニオイは乾かすだけでは取ることが難しいため、しっかりと除菌と消臭をおこなう必要があります。

サビが浮きやすくなる

津波などの海水に浸かってしまった場合はサビの発生に注意しなくてはいけません。海水に含まれる塩分は鉄に付着することで水分を吸収します。そのため、サビの進行速度も早いです。サビによる腐食が進んでしまうことで、部品に穴が空き、様々なトラブルを起こす原因にもなるため注意しましょう。

車両火災

水没車には電気系統がショートし、車両火災を起こす危険性があります。エンジンを切った状態でもバッテリーは繋がれているため、常に電気が流れているのです。そのため自然発火を起こすことがあるので気をつけてください。

水没した事実を隠して売るのは御法度!

水没した事実を隠して売るのは御法度!

水没車は買取査定に響くため、評価が下がってしまいます。そのため、水没車であることを隠して売却をおこなう方もいらっしゃいます。しかし買い取りをおこなう際には、水没車であることを正しく伝える必要があります。伝え忘れたり、故意的に言わなかった場合、大きなトラブルに巻き込まれる危険性があるのです。

買取査定をおこなう際には瑕疵担保責任というものがあります。売却後に水没車であることを本人が知っていたのを証明されてしまえば、買取店の損害を保鎮しなくてはいけなくなるのです。悪質な瑕疵担保責任である場合は裁判にまで発展するケースもあるため注意が必要です。トラブルを起こさないためにも、買取店との契約の際に水没車であることを伝えるようにしてください。

動かない場合でも買い取ってもらえる可能性アリ

動かない水没車であっても、業者によっては買い取ってもらえることがあります。不動車として扱われるため車の価値はほとんどありませんが、需要のある部品を外して海外に輸出するケースがあるのです。日本車は丈夫で品質が高いため、一定の需要があります。修理不能な状態であっても、部品のみ転売し、鉄資源としても再利用されています。

車のパーツは物によって高価で取引されており、車買取業者や車好きな方への需要もあるため、自走しない場合でも買い取ってもらえる可能性があります。しかし、水没車であるため査定額は低くなる可能性があるので注意しましょう。

少しでも高額買取してもらうにはどうすべき?

少しでも高額買取してもらうにはどうすべき?

少しでも高価買取を目指すのであれば、複数の業者に査定を依頼するようにしましょう。高く買い取ってもらえる業者を探しながら、市場価値を知ることもできます。水没車の買取金額を開示している業者は少ないため、明確な金額は分かりません。そのため事前に問い合わせしておくとよいでしょう。

動かない状態の水没車や、いつ止まるか分からない状態のものであれば、無料出張査定サービスをおこなっている業者を選ぶとよいです。交通費などの出費を減らすことができます。高額買取を目指すのであれば、海外への販売ルートを持っており、水没車にも需要を見出している業者を探すことが重要です。

まとめ

水が車に侵入し水没してしまうと、トラブルが起きる可能性があるので注意が必要です。水没車であっても一定の需要があり、買い取りを行っている業者がいます。そのため 自走しない状態であっても諦める必要はありません。

業者に買い取りを依頼する際には、複数の業者から査定を受けるようにしましょう。海外へのルートなど、業者により需要や扱いが異なります。複数の業者に依頼することでより高額買取を目指すことができるでしょう。売却をおこなう際に水没車であることを隠してしまうと、大きなトラブルになりかねません。トラブルを未然に防ぐためにも注意してください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。