事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車にもいろいろな事情がある。事故車の状態とその後の対処の仕方

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車にもいろいろな事情がある。事故車の状態とその後の対処の仕方

事故車にもいろいろな事情がある。事故車の状態とその後の対処の仕方

 

みなさんは「事故車」と聞いて、どんな状態の車が思い浮かぶでしょうか?最近は日本全国で台風などによる甚大な水害も多くなっているため、水没によって動かなくなってしまった車などを想像される方も多いかもしれません。また、交通事故などで破損し、レッカー車に運ばれている車も事故車と呼べる気がしますよね。

今回は、「事故車の種類にはどんなものがあるのか?」「自分の車が事故車になってしまったら、どう処分すればよいのか?」など、事故車のいろいろについてまとめてみました。

 

 

事故車にはどんなものがある?

「事故車」とは具体的にどのような車を指す言葉なのでしょうか?ここでは事故車の種類にはどんなものがあるかなど、事故車に関する基本的なことをご説明していきます。

事故車とは

中古自動車の査定基準のなかでは、“交通事故やその他の災害により自動車の骨格等に欠陥を生じたものであること”などといった厳密な定義があります。しかし一般的には、あらゆる事情で損傷などが発生した車のことを、総称して「事故車」と呼んでいることが多いようです。業界では「修復歴車」と呼ばれることもあります。

 

おもな事故車の種類

よくある事故車には、以下のようなものがあります。

 

・冠水車

大雨などで道路が冠水したことにより、水没して壊れてしまった車のことをいいます。最近は豪雨災害なども頻発しているため、冠水車が多数発生しています。

 

・降灰車

近くの火山が噴火したことにより飛んできた灰が、車全体に降り積もってしまうことにより故障してしまった車を降灰車といいます。火山灰が車のエンジンなどに入ってしまうと、故障の原因になることがあるのです。

 

・火災車

ガソリン漏れやバッテリーのショートなどによって、車に火災が発生することがあり、これによって事故車となってしまった車を火災車といいます。人間にとって有害な物質が燃えていたり、爆発の危険性もあるため、不用意に近づくのは危険な事故車です。

 

その他いろいろな事故車

その他にも事故車にはいろいろあり、海水などが車の内部に入り込みサビなどが発生してしまった「塩害車」や、勢いよく雹(ひょう)が降ってきたことでフロントガラスなどが割れてしまった「雹害車」などがあります。

また運転手の過失によって、壁などに車のフレームなどをひっかけて傷がついてしまったものや、ドアミラーをうっかりぶつけてしまい破損してしまったような場合も「事故車」と呼ばれます。

修理に出せば直るような車から、修理しても直らないような車まで、破損等が発生すればどれも「事故車」になるということです。

 

事故車をどう扱うべき?状況に応じて判断を

事故車をどう扱うべき?状況に応じて判断を

 

「自分の大切な車が事故車になってしまった!」という場合、どう対処したらよいのでしょうか。事故車の破損の程度によっても対応は変わってきます。ここでは状況に応じてどのように判断していけばよいのかをご紹介していきたいと思います。

 

修理費用と買い替え費用、どっちがお得か?

自分の車が事故車になってしまったら、まず考えるべきなのは「修理に出すべきか」それとも「新しい車に買い替えるか」ということです。

修理のほうが安く済むというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、破損の程度や部品の有無などによって、修理費用にはかなり差があります。修理業者などに見積り依頼をしてみて、買ったほうが安いくらいであれば買い替えるという方法も検討しましょう。

その際、修理費用のほうが安いからといって安易に修理することを選ぶのではなく、その車を使用した年数なども考慮しましょう。10年以上乗っていたような車なのであれば、これを機に買い替えてしまったほうがよい、という判断もできるからです。

 

事故車専門の買取業者に査定してもらう

買い替えをおこなう場合、事故車であっても買い取りをおこなってくれる会社があります。まずはそういった会社を探し出し、売却できるかどうか、いくらで売却できるのかなどについて、査定をしてもらうとよいでしょう。事故車の種類によっても価格は変わってきます。修復歴が多い車の場合は、査定が下がってしまうこともあるので注意してください。

それなりによい値段で売却することができれば、新車の買い替え費用にあてることもできます。査定金額は業者によって異なることが多いので、複数の買取業者から査定を出してもらうとよいかもしれません。

ちなみに、修理してから査定に出す方もいますが、修理費用分だけ売却価格が上がるとは限りません。手間や時間もかかりますので、修理せずそのまま売却に出すのをおすすめします。

 

値段がつかない場合は廃車専門の買取業者へ

事故車の買取業者でも値段がつかなかった場合(0円だった場合)は、廃車専門の買取業者をあたってみましょう。

廃車専門の買取業者では、車を部品単位にわけて再利用・再販売しますので、パーツ別に破損の状態を確認されることになります。売れるパーツが少しでも残っていれば、それなりの価格で買い取ってもらうことができます。

もちろん事故車の種類によっては、廃車専門の買取業者であっても値段がつかないこともありますが、引き取り自体は無償でおこなってくれる場合が多いです。どこに行っても値段がつかないくらいの事故車ならば、廃車専門の買取業者に無償で引き取ってもらったほうがよいかもしれませんね。

 

事故車って本当に売れるの?…あきらめないことが大切

「本当に事故車を買い取ってくれる業者なんてあるの?」と疑ってしまう方も多いかと思います。しかし実は、車業界において、事故車は非常にニーズの高い商品なのです。

車は、車の修理や改造などに使えるため、部品のひとつひとつに需要があります。たとえ車全体では故障していたとしても、部品として使えるものが残っていれば、お金を払ってでも買い取りたいという業者がいるのです。

たとえばエンジンなどは、業者によって数十万円で転売されることもあるんだとか。ほかにも、タイヤやシート、フレーム、カーナビなど、あらゆる部品が高額で取引されています。

事故車専門の業者や廃車専門の業者は、そうやって買い取った部品を修理業者などの購入者に転売したりすることで利益を得ています。また海外でもこうした需要は高く、輸出業者などへ事故車を転売したりすることもあるようです。

このように、事故車は売却できる可能性が非常に高い商品といえるので、もしなかなか買い取り手が見つからなくても、簡単にあきらめるべきではありません。探せばきっと何らかの形で引き取ってくれる業者があらわれるでしょう。

 

よりよい業者を見つけるためのキーポイント

よりよい業者を見つけるためのキーポイント

 

事故車の買取について興味を持ったら、今度は実際に業者を探してみましょう。事故車専門の業者といってもいろいろなところがあります。ここでは、よりよい業者見つけるためのポイントをご紹介します。

複数の業者に見積り査定を依頼する

事故車の買取業者は、なるべく安い価格で買い取りをおこない、なるべく高い価格で新たな購入者に転売したいと考えるものです。複数の買取業者を見つけた場合は、なるべくすべての業者に査定をお願いし、少しでも高く買い取ってくれる業者を探すようにしましょう。

ただし、高く買い取ってくれたとしても、余計な費用を取られたり、転売先が怪しそうな業者は少し疑ったほうがよいかもしれません。

また、複数の業者から査定を出してもらうことで、ご自分の車の相場がわかってきます。査定金額が相場から離れすぎていないかや、査定の項目に不自然なものがないかなどを見極めて、よりよい業者を選定するようにしましょう。

 

業者にも得意・不得意や個性があることを知る

事故車にも種類がたくさんあるように、買取業者にもいろいろと個性があり、得意な買取分野と不得意な買取分野があります。たとえば、輸入車の買取に強い業者や、国産車に強い業者などがあります。

まずは売却を検討しているご自分の車がどのジャンルに該当するのかを確認し、その分野に強い買取業者を選んだほうがよいでしょう。そのほうが、高値で買い取ってくれる可能性が高くなります。

 

口コミを探してみる

インターネットなどに口コミが載っている場合は、その内容を参考にしてみてもよいかもしれません。

口コミにあまりにも苦情や不満が目立つようであれば、その業者は候補から外したほうが無難でしょう。高い評価が多いところは、候補に入れてみてもよいかもしれません。

もちろん口コミは、いわゆるサクラが評価者になりすまし、意図的に高評価を書いている場合もあるので、注意が必要です。そうでなくても口コミはあくまで評価者の個人的な意見になりますので、「参考程度」に読むようにしてください。

 

まとめ

今回は事故車について以下のようなことをご紹介してきました。

 

    • ・冠水車や火災車など、事故車にはいろいろな種類があること
    • ・自分の車が事故車になってしまったら、状況に応じて修理か買い替えかを検討すること
    • ・事故車は部品転売ができることから需要が高く、買い取ってくれる業者が多いこと
    • ・よりよい業者に買い取ってもらえるよう、業者選びは慎重におこなうこと

     

    最近は自然災害も多くなっているため、ご自分の車が事故車になってしまい困っている方もいるのではないかと思います。これを機に、今回ご紹介した事故車専門の買取業者や廃車専門の買取業者に、査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。思っていた以上に高く買い取ってもらえるかもしれませんよ。

    愛着のある車を手放すのは寂しいものですが、いつまでも事故車を手元に置いておくわけにもいきません。今回の記事を参考に、ぜひ試してみてくださいね。

     

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。