事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車になる理由は○○!たった5分でわかる「失敗しない廃車方法」

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車になる理由は○○!たった5分でわかる「失敗しない廃車方法」

廃車になる理由は○○!たった5分でわかる「失敗しない廃車方法」

 

そろそろ車を買い換えようと思っている方の中には、今お持ちの車をどうすればよいのか迷っている方もいらっしゃるでしょう。型が古すぎて売却でお金にもならない場合などは、廃車を考えることもありますよね。

では、廃車にするときはどのように処分すればよいのかご存じですか?

基本的に、廃車になる理由は3つ挙げられます。さまざまな理由で車を廃車にしますが、それまで乗っていた愛車ですから、最後の処分までしっかりとおこないたいですよね。

愛車を少しでも高く売るために、よい買取業者の探し方をお教えします。廃車は、その車の状態によっても適切な処分方法が異なるのです。廃車処分のポイントをおさえて、それまでの愛車を気持ちよく送り出しましょう。

 

 

廃車になる理由はこの3つ!

それまで乗っていた車が廃車となる理由は、主に3つのケースが多く見られます。おそらく、今新しい車への乗り換えを考えていたり、車を手放そうと考えていたりする方は、これらに当てはまるのではないでしょうか。

 

【ケース1】年数経過・整備不良による故障

最も多いのが、年数が経過したことにより故障してしまった、また、自動車の劣化も伴い整備不良で故障してしまった場合です。どれほど性能がよいといわれている日本車でも、経年劣化には勝てません。

さらに、同じ車に長く乗り続けると、そのぶんその車の性能は古いものとなります。乗り続けている間に、部品の製造が終わってしまうこともあり得るのです。部品の製造が終わってしまうことで、在庫の部品の数が限られ、価格が上がります。古い自動車ほど、車検や整備に費用がかかるようになってしまうのです。

また、経年劣化も伴い、整備不良による故障も起きたりします。その車が比較的新しいものであったり、走行距離が短かったりすると、修理して使うという方もいらっしゃいます。しかし、長く使っている車だと、多くの方が買い替えた方がよいと考えるようです。

 

【ケース2】事故をしてしまったことによる故障

もうひとつの理由は、事故や災害に遭ってまったことによる故障です。事故の大小にもよりますが、修理代よりも新しく買い替えた方が安く済むという事例もあるのです。

事故してしまい、その車のフレーム部分を交換すると、修復歴のある「事故車」として扱われます。業者に買い取ってもらう際にはハンデになりますが、確実に売ることは可能です。

また、事故車である場合は、事故車専門買取業者に依頼するのがよいでしょう。損傷の度合いによっては、中古車業者では買い取ってもらえないこともありますが、事故車の専門業者であれば、ほとんどの場合、買取に応じてもらえます。

 

【ケース3】市場の需要が下がったことによる人気低迷

これも、多くの方が廃車にすることを考える理由です。今お持ちの車の需要が下がり、人気がなくなってしまったから、新しいものに買い替えるという方も少なくないようです。特に、車にこだわりがある方は、常に人気のある車種に乗っていたいということもあり、まだ乗れる車でも、廃車にしてしまうといいます。

さらに、最近は環境問題に配慮した自動車が多く販売されるようになり、エコカー減税などを使って、買い替えがしやすくなっているのも事実です。早期乗り換え特典などがあったりと、廃車にする車がまだ使える状態でも、新しくやって来る車に買い替えることをすすめていたりもします。

自分が乗っている車種を街中でみる機会が減った……と感じて、廃車を決める方もいるといいます。このように、もう乗れなくなったために廃車にするケースもあれば、まだ乗れるけれど廃車にするケースもあるのです。

 

使えない車の処分方法は「ディーラー」「廃車買取業者」どっちがお得?

使えない車の処分方法は「ディーラー」「廃車買取業者」…どっちがお得?

 

廃車にすることを決めたところで、せっかく手放すなら、できれば買い取ってもらってお金にしたいですよね。たとえ経年劣化による故障車であっても、事故車であっても、依頼する業者を選べば、お金になるのです。

あなたのお持ちの車の状態によって、廃車の処分を依頼する先を決めましょう。

 

キレイな車なら「ディーラー」に

まだ使える車を廃車にする場合や、比較的新しい車種の場合は、ディーラーに廃車処分を依頼します。購入した年から年月が経っていない車や、状態がよい車は国内でも中古車として人気があるため、高額で買い取ってもらえるのです。

とくに、年数の経過に関わらず市場で需要が高いものは、比較的高い値段で買い取ってもらえる傾向にあります。そのため、まだ運転できる車や、走行距離が短いもの、比較的新しい車種であれば、ディーラーに処分を依頼しましょう。

 

ボロボロでも「廃車買取業者」なら対応可能!

たとえ故障車でも、経年劣化によりボロボロになってしまっていても、廃車買取業者に依頼すれば対応してもらえます。また、事故車も事故車専門業者や廃車買取業者に依頼するようにしましょう。

そのような車は、まだ使うことができるパーツを取って、パーツを単体で販売したり、故障車であっても修理をして海外に輸出されたりもします。日本で廃車とされた車の中には、海外で走っているもの多くあります。

さらに、どうしても使えないと判断されてしまった車でも、スクラップされて資源として販売されます。車は、鉄やアルミで構成されているので、貴重な資源として扱われるのです。このように、車としての機能を果たせなくても、その後の用途はたくさんあるのです。

廃車にしようとしている車がボロボロだからといって、買い取ってもらうのをあきらめるのはもったいないのです。

 

愛車を廃車にするときの流れ

愛車を廃車にすることを決めたら、あなたのお持ちの車によってその方法が変わります。軽自動車を廃車にするときと、普通自動車を廃車にするときには、必要な手続きが異なるのです。

これは、届け出に関係することなので、しっかりと知っておきましょう。

 

軽自動車の手順

軽自動車を廃車にする場合で、もうその車を完全に手放すときには、「解体返納」と「解体届け出」をする必要があります。完全に解体してしまってから、車を届け出る場合は、解体してから、「解体返納」という手続きをおこなわなければなりません。

廃車手続きを依頼した業者が、再び中古車として販売することを考えている場合には、解体返納ではなく、「自動車検査証返納届」を提出します。自動車検査証返納届を出せば、一時的にその車が公道を走れなくなり、自動車税がかかりません。

 

普通車の手順

普通車の場合も、完全にその車を解体してしまう場合と、再び乗ることがあるかもしれない場合にわかれます。

完全に解体してしまう場合には、「永久抹消登録」をします。これも、軽自動車同様、完全に車を解体してからおこなう処理になります。

一方で、長期的に海外に移住したりするために、当分その車に乗らない場合や、業者によって再び中古車として販売される可能性があるものは、「一時抹消登録」をおこないます。一時抹消登録をおこなうと、その車が誰の手にあろうとも、自動車税がかからなくなります。そのかわり、抹消登録されている間は公道を走ることができません。

この「一時抹消登録」は、車を展示のために保持する際に使われる方法でもあります。

人によっては、自分が廃車として業者に託して、解体されたと思っていたはずなのに、ほかの人の手に渡って公道を走っているというのを嫌がります。自分が廃車として出した車が、その先どうなるのかを、しっかりと業者と確認しておきましょう。

 

少しでも高く売りたい人必見!1分でわかる業者探しの方法

少しでも高く売りたい人必見!1分でわかる業者探しの方法

 

少しでも廃車を高く売りたい!という方のために、業者探しの方法やコツをお教えします。

 

〇相見積りを取る

少しでも高く廃車を売りたい方は、ひとつの業者に絞るのではなく、いくつかの業者に見積りを依頼しましょう。査定額だけで業者を決めてしまうのは危険ですが、見積りを取れば相場や費用の比較の参考になります。

 

〇廃車に合わせた業者を選ぶ

お持ちの車が輸入車であったり、カスタムカーであったりする場合は、一般的な廃車業者に依頼するよりも、それぞれの専門業者に依頼したほうが高く売れます。

 

〇口コミを見てみる

そのままうのみにしてはいけませんが、参考程度に口コミを覗いてみるのもよいでしょう。きちんとした査定をおこなってくれるか、どのような対応をしてもらったかなどの感想を読んで、どのような雰囲気の業者かイメージできるでしょう。

 

〇車を持ち込む

故障車ではないなら、ご自身で車を持ち込むとよいでしょう。レッカーの利用や現地での調査をしてもらうよりも安く済むケースが多いのです。

 

〇繁忙期を避ける

多くの方が車を買い替えるのが、年末から春にかけてです。そのため、繁忙期が収まった春から夏にかけての時期がおすすめです。その時期は、中古車の需要が高まっていたりもします。

 

まとめ

愛車はさまざまな理由で廃車になります。廃車にする際には、その車の状態や車種によって依頼する業者が大きく変わります。より高額で買い取ってもらえる業者に依頼しましょう。

廃車にするときの手続きは、その後その車が解体されるか、どこかで再利用されるかによって異なります。どうしても使えない状態を除けば、再利用できるような手続きを選んだほうが、高く買い取ってもらえる傾向があります。

それまで乗っていた愛車ですから、最後まで適切な処分をして、気持ちよく愛車との別れになるとよいですね。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。