事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

廃車の使い道とは。愛車のその後の人生ちょっと気になりませんか?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

廃車の使い道とは。愛車のその後の人生ちょっと気になりませんか?

廃車の使い道とは。愛車のその後の人生ちょっと気になりませんか?

 

もう乗らなくなった車で、中古車としての買取もしてもらえない車をお持ちの方の多くは、廃車にすることを考えます。もし、それまで長く愛用していた車を廃車にしたら、その車はどうなってしまうのでしょうか。

廃車といえば、多くの方が想像するのが、ぺちゃんこにしてしまうスクラップです。「自分が廃車として出す車も、スクラップされてしまうのかな……」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、必ずしもスクラップされてしまうとは限りません。

長年使った愛車を廃車として買い取ってもらった後、その愛車はどのような人生をたどるのでしょうか。スクラップ以外の廃車の使い道も知っておきましょう。

 

 

廃車には2種類の抹消登録手続きがあります

車を廃車にするとき、手続きが必要です。ご自身の自動車として登録されているデータを、抹消する必要があります。廃車業者に依頼すると、この手続きの案内をされます。抹消登録手続きには、2つ種類があります。その2つがどのように違うのか、見てみましょう。

一時抹消登録

抹消手続きのひとつ目が、「一時抹消登録」です。これは、文字通り、一時的に登録を抹消するときにこの手続きをします。これは、車を解体する必要はありません。一時的に抹消することで、抹消された期間中は公道を走れなくなり、自動車税がかからなくなるというものです。

どのようなときに使われるかというと、車をコレクションとして運転せずに保存したい場合や、長く海外に移住するため当分の間その車には乗らないというような場合です。

そのため、一時抹消登録をして長い間その車に乗っていなかったとしても、もう一度登録し直せば公道を走れるようになるのです。長く車に乗る予定がない方で、この手続きをしないと、乗らないのに自動車税だけがかかってしまいます。

 

永久抹消登録

一方永久抹消登録は、先に車を解体する必要があります。後に詳しく述べますが、この解体とは、スクラップだけを指すわけではなく、部品を解体するなど、一台の車として使えなくすることをいいます。

先に車を解体することで、登録を抹消した車の不正使用を防いでいます。完全に車を使えなくしたところで、永久抹消登録を行うのです。

 

サヨナラ愛車!スクラップ…とは違う廃車の使い道

サヨナラ愛車!スクラップ…とは違う廃車の使い道

 

愛車との別れを決めたら、その行く末がスクラップだろうと思う方が大半なのではないでしょうか。たしかに、車として使えないほどの事故車やずいぶん昔の車などであれば、スクラップされてしまうかもしれません。

しかし、中古車買取はしてもらえなかったけれど、まだ走ろうと思えば走る車などであれば、ほかの手段があります。スクラップ以外の手段とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

部品はまだまだ使えます

廃車として出される車の部品は、まだ中古部品として使えるものが多いといいます。もともと、日本には車検制度があったり、車が古くなればなるほど維持費がかかったりいう理由から、比較的買い替えがはやいのです。

そのため、日本ではもうボロ車と思われても、その部品はまだまだ使えるものであることが多いのです。部品が使える車は、買取業者でもちゃんと買い取ってもらえます。

 

車は鉄!金属は資源です

車には、あらゆる部分に鉄やアルミなどの金属が使われていますよね。この金属は、貴重な資源として再利用されます。そのため、走行不能になってしまった車でも、資源として買い取ってもらえたりもします。これは、スクラップでも同様のことがいえます。たとえ車の原型がなくなっても、それは資源の塊なのです。

 

実はまだ中古車として走っちゃう

もう使えないと思っていた車が、実は中古車として走ることも珍しくありません。どういうこと?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。実は、日本車は海外で絶大な人気があり、たとえ日本車が少し損傷していたとしても、海外では売れるのです。

日本では廃車として出された車でも、輸出されて海の向こうで運転されていることもしばしばです。日本から輸出された廃車トラックが、海外でバックする際に日本語のアナウンスが流れるということも珍しくはありません。

性能がよく、故障もしにくい日本車は、世界各国、あらゆる地域で人気があるのです。

中古車として廃車が使われるのは、海外だけではありません。もちろん日本国内でも、廃車にして解体したと思っていた車にたまたま鉢合わせることもあるかもしれません。

そのため、廃車買取業者に車を買い取ってもらうときには、その後解体されるかどうかなど、細かな部分まで確認しておくと安心でしょう。

 

気になるお金のお話…自動車リサイクル料は何に使用しているの?

自動車を廃車にする際、自動車リサイクル料というものがかかる場合があります。思っていた以上に自動車リサイクル料がかかったら、その費用が何に使われているのか気になりますよね。

自動車リサイクル料は果たして誰が、どのようにして使うために必要なのか知っておくことで、もやもやがなくなります。

廃車するときに支払うリサイクル料

廃車にするときに支払うリサイクル料は、車種によっても異なりますが、一般的に日本車よりも外車の方が高い傾向にあります。車種関係なく、リサイクル料の相場は、おおよそ15,000円から25,000円です。

また、自動車会社によっては、車種ごとにリサイクル料金がいくらかかるか明示してあったりもします。お持ちの自動車会社に確認してみるとよいでしょう。

 

リサイクル料の使用目的

この自動車リサイクル料は、車の解体をした後に残るゴミにかかるリサイクル料、エアーバッグなどの各部品のリサイクル料などに充てられます。車を解体するにあたって必要な費用なのです。

 

もし車を手放すなら?ボロ車=廃車だけではありません

もし車を手放すなら?ボロ車=廃車だけではありません

 

もし車を手放すと決めたら、必ずしも廃車に出してしまうことだけが選択肢ではありません。もう走行もままならないようなボロボロの車でも、買取査定がつくこともあるのです。

廃車にしかならないと決めつけず、まずは一度買い取ってもらえるかを確認してみましょう。あなたが思っている以上に、その車は価値があるかもしれません。

 

自走しないほどのボロ車でも買取査定がつくことも

古くなってしまい、走行もままならないというような車でも、買取査定がつく可能性があります。それは、海外で人気の自動車モデルだった場合、特に起こりうることです。

あなたは修理費が高くなってしまうため、廃車扱いしていても、海外でその車種の需要が高ければ、不具合のある部分を修理してでも輸出した方が、結果的にお金になるからです。たとえ日本で走れなくとも、海外では日本車の需要は高いのです。

 

どこに査定をお願いしたらいい?

「ボロ車だけれど、一度査定に出してみよう」と思った方へ、できれば高額で買い取ってくれる業者に頼みたいですよね。どれだけの額になるか、気になった方は、いくつかの業者に一斉に見積りを取ってみましょう。

見積りを見て、高額で買い取ってくれるところをいくつか絞ります。その後は、その業者の評判を調べてみたり、解体するのか海外に輸出するのかなどの細かい契約を読んでみたりしましょう。そうしていくうちに、あなたの理想の業者が絞れるはずです。

 

まとめ

車がもう使えなくなってしまったから、廃車として業者に出すと決めたとしても、解体やスクラップされずに、どこかで使われる可能性があります。また、その部品も、まだ有効活用される可能性があるため、一度買い取ってもらえるか確認してみるとよいでしょう。

場合によっては、日本では使えなくなっても海外で走っている可能性もあります。日本車は世界各国で人気があるため、もう使えないと思っても、案外高く売れる場合もあるのです。

廃車を買取してもらう際には、いくつかの業者に査定をお願いしてみましょう。その買取価格だけで決めるのではなく、あなたの使っていた愛車がその後どうなるのかも確認しておくと安心です。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。