事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車はお祓いはしたほうがいい?マナーを守って安全祈願をしよう

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車はお祓いはしたほうがいい?マナーを守って安全祈願をしよう

未使用車・新古車の探し方はふたつ!

 

車は、自分に過失があってもなくても事故が起こりうる乗り物です。いつ事故に遭うか分かりません。そんな危険がある車だからこそ、一応お祓いしておくべきかと、今ちょうど悩んでいる方もいるかもしれません。

 

とくに中古で事故車を購入したり、事故した車を修理して使い続けようと考えている場合は、お祓いをしようか悩む方が多いでしょう。

 

しかし、お祓いをすると決めたのはいいものの、どこで・どのタイミングでお祓いをすべきなのでしょうか。費用や当日のマナーについても気になるところですよね。この記事では、疑問尽くしの事故車のお祓いについて解説します。

 

 

事故車にお祓いは必要なの?

お寺や神社での事故車のお祓いは本当に必要すべきなのか、という疑問がまず上がるでしょう。

 

まずは車祓(車のお祓い)をする目的や方法を確認しましょう。そして、本当にお祓いすべきかは自分の気持ちに従って決めましょう。

 

車祓とはどういうもの?

具体的な流れを見ていきましょう。車のお祓いをする場所には、駐車する専用スペースがあります。駐車スペースに車を停めたら、神主によるお祓いが始まります。

 

まずは運転する人に対するお祓いがおこなわれ、その後自動車本体のお祓いをするのが一般的なようです。お祓いは、ドアやボンネットなど開ける場所は全て開けた状態でおこなわれます。

 

しかし、お祓いのやり方は場所によって変わってくるので、まったくこの流れでおこなわれるとは限りません。

 

また、車祓は家庭用の自動車だけでなく、公用車や仕事用の車・トラックでもおこなわれます。

 

車祓をするかどうかは気持ちしだい

事故車のお祓いは絶対におこなわなければいけないというわけではありません。義務はないので、自分の意志に従ってするかしないかを決めることができます。

 

今自動車事故に対する大きな不安を抱えていて、お祓いをすることで少しでも事故に対する不安がぬぐえそうならば、お祓いをしてみるとよいかもしれません。お祓いによって神仏に見守ってもらっていると信じる気持ちが、安心して運転できるようになるための何よりも大事なエッセンスでしょう。

 

「お祓いをしなくても自分は大丈夫」と思う方は、無理にお祓いをする必要はありません。全ては自分の考えや事故への不安の大きさしだいです。

 

車のお祓いはいつ、どこでやったらいいの?

なぜ事故車を「下取り」に出してはいけないのか

 

お祓いをする!と決めたら、次に考えるべきは日時と場所ですよね。日時についても場所について、「ベストなタイミングはあるだろうか?」と気になっている方がいるかもしれません。実際はどうなのか、順にご紹介します。

 

小見出し車祓のタイミング

お祓いをするタイミングは決まっていません。お祓いしていけない日時などもとくにありませんので、仕事が休みの日など、時間に余裕があるときにするのが一番よいでしょう。ただし、屋外でお祓いする場合がほとんどですので、雨風の多い時期は天候に注意すべきかもしれません。

 

お祓いをする人の傾向としては、車の購入時にお祓いを済ませることが多いようです。新車を購入した方は購入時にお祓いするでしょう。また、事故車を中古で買ったり、知り合いから車を譲ってもらったり、事故して修理したばかりといった節目にお祓いしておけば、乗り始めるときも不安なく走行できるでしょう。

 

また、「最近、家族や友人で事故に遭っている人が多い」と感じるときにはどうしても不安がつきまといますので、お祓いをしておくのもよいかもしれません。

 

小見出し交通安全祈願をしている神社がおすすめ

車のお祓いをするなら、やはり「交通安全祈願」場所としておすすめの神社を選ぶのがおすすめです。

有名どころでは、成田山や一畑山薬師寺が車のお祓い場所としてよく知られています。ほかにも日本各地に自動車の交通安全祈願のお祈りやお祓いをできる場所がたくさんあります。近場なら休日にも気軽にお祓いしやすいですし、近場にもないか探してみるとよいでしょう。

 

気になるお祓い料金とマナー

次は一番気になるといっても過言ではない料金についてご紹介します。車のお祓いをするときに必要な費用は「初穂料」と呼ばれ、のし袋に入れて渡すのが一般的です。

 

併せて、参加するときの服装やマナーについても知るべきことをご紹介します。

 

初穂料

神社でお祓いや祈祷をおこなう際に、お礼として渡すのが初穂料です。しわくちゃなお札は避け、できれば新札を包むとようにしましょう。

 

料金は平均で数千円のようですが、神社やお寺によって規定がある場合があるので、気になるお祓い場所を見つけたら要チェックです。また、同じ神社でもお祓いにランクがあり、それに応じて初穂料の額も変動することがあります。

 

のし袋

用意した初穂料はのし袋に入れて渡すのが従来の方法です。初穂料を神にお供えする際にお金を直接お供えするのは失礼にあたるため、のし袋に入れるのです。赤と白の水引きが付いたのし袋を用意し、表面には「御初穂料」と書きます。

 

とはいえ、最近ではのし袋に入れなくてもよいケースも増えているようです。とくに大きく車祓の依頼が多い神社ではのし袋が必要ないかもしれません。必要なのか不安でしたら一応のし袋に包んで持っていくか、神社やお寺に問い合わせてみましょう。

 

お作法について

マナーについてとくに注意したいのが、車を移動させるタイミングです。神社に到着したやいなやすぐにお祓い場所まで車を移動させるのは避けるべき行為です。これは、神社側の準備ができていなかったり、ほかの方がお祓いしていたりという可能性があるからです。また、お祓いを始める前に受付しなければならない場合もありますので、必要事項を全て済ませてから車を移動させましょう。

 

次は服装について。服装に厳格な規定はないようですが、できるだけ露出は避け、無難な格好をしていきましょう。どの服装ならOKなのかよく分からないときは、スーツを着ていけば安心です。

 

自分で車を清めるお祓い方法

修復歴のある車の定義とは?

 

時間がない方や、安く済ませたい方は、お祓いを自分でおこなうのも1つの手です。

 

使うのは、日本で古くからお祓いに使われている塩やお酒です。塩を使うなら、タイヤやボディに塩を振りかけたり、盛り塩を車内に置いておいたりなどの方法があります。

 

掃除をすることにもお祓い的な意味合いがあるといわれます。空気を入れ替え、掃除をするだけでスッキリとしますので、やって損はないでしょう。

 

まとめ

事故車を中古で購入した際や、自分が事故を起こしてしまったときは、お祓いしてもらうと今後の走行時の不安が消えるかもしれません。とはいえ、お祓いする義務はありませんので、おこなうかおこなわないかは自分の意思しだいです。

 

費用相場やお祓い時のマナーなどについてもご紹介しましたが、神社によって決まりが異なる場合もあるので、お祓いをしてもらいたい神社に問い合わせるなどしてみると安心です。

 

また、自分でお祓いをする方法もあります。どこでどうやるべきかは自分で決められますので、予算やお祓いに対する思い入れに合わせて決めてくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。