事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

改造車でも車検に通る方法を伝授!決め手は保安基準と構造変更申請

無題ドキュメント

最新情報・レポート

改造車でも車検に通る方法を伝授!決め手は保安基準と構造変更申請

改造車でも車検に通る方法を伝授!決め手は保安基準と構造変更申請

 

車が好きな方でしたら、自分でカスタムをしたい気持ちがあるかもしれません。しかし、これから改造してみたいと思っている方や、もう既に改造している方には、車検が待ち構えています。車を改造するのであれば、まずは車検で通れるような改造をしましよう。

改造車の車検は、改造の度合いによって通らない場合があります。保安基準を満たしている指定部品内のパーツを使用していることが重要ですので、一度ご自身の車を確認し、必要であれば車検前に構造変更申請をしましょう。

 

 

改造車を使うなら、車検のことも考えておこう!

改造車は手を加えすぎてしまいますと、車検に通らないことがあります。では、車検が通るボーダーラインはどこなのでしょうか?ご自身の改造車が車検に無事通るためにも、今まで改造した部分を思い出してみましょう。

場合によっては、構造変更申請が必要になってくることもあります。まずはどのような車が車検に通り、どのような車が通らないのか、知っておくのが大切です。

 

車検に通る改造車と通らない改造車の違い

改造車が車検に通るかどうかは、使用しているパーツによって、左右されます。要は、保安基準を満たしている指定部品のみを使用しているかどうかで決まるのです。

ただし、指定部品であっても、そのパーツをまた改造したり、指定部品外の保安基準を満たしていないパーツを使用してしまいますと、違法改造車となってしまいます。違法改造車になりますと、反則金や罰金の対象となりますので、注意しなければいけません。まずはご自身で使用しているパーツが使用可能なものなのか、確認してみましょう。

 

保安基準をクリアしている指定部品一覧

保安基準を満たしているパーツとは、具体的にどのようなものが当てはまるのでしょうか。指定部品には以下のようなものが当てはまります。

 

  • ・車体回りの各パーツ
  • ・排気系のエキゾースト・パイプ・マフラーカッター
  • ・車内に取り付けられている空気清浄器・盗難防止システム・オーディオ・無線機・自動車電話・その他音響機器類
  • ・走行装置のタイヤ・ホイール
  • ・操作装置のステアリング・ホイール・変速レバー・シフトノブ
  • ・衝装置に使用する・ショックアブソーバーコイルスプリング・ストラット・ストラットタワーバー
  • ・その他火器類・コーナーリングランプ・ミラー・フォグランプ・ハイマウントストップランプ・身体障害者用操作装置

 

もうすぐ車検がある方や、今から車の改造を考えている方は、これらの保安基準を満たしている指定部品を見ながら確認しておきましょう。

 

車検に通らない場合は「構造変更申請」が必要

車検に通らない場合は「構造変更申請」が必要

 

改造車が車検で通らない場合は、構造変更申請をしましょう。車両の長さや高さの変更、8人乗りを5人乗りに変更、オープンカーの変更など、車の構造部分に関わる改造は構造変更申請が必要になってきます。

中には構造変更申請をおこなわなくても車検が通る場合がありますが、しっかりと基準内で改造している場合に限ります。ご自身の車で見逃している場所や指摘された部分をきちんと確認し、構造変更申請が必要な場合は書類を準備しましょう。

 

構造変更申請とは?

構構造変更申請とは、車の安全基準を満たす範囲内で改造していることを申請する手続きのことをいいます。申請は管轄の陸運局でおこなっており、書類審査を受けた後に検査をすることで、新しい車検証が発行されます。

 

構造変更申請の方法

構造変更の申請は、陸運支局または自動車検査登録事務所でおこなうことができます。必要な書類が揃っていないと申請することができませんので、車の状態をすみずみまでチェックし、余裕をもった準備をおこないましょう。

 

・必要な書類

自動車検査票(車検証)・自動車検査票・点検整備記録簿・自動車損害賠償責任保険証明書・使用者の委任状(認印押印)・所有者の委任状(認印押印)・申請書・手数料納付書・自動車重量税納付書

 

・構造変更の検査手数料

小型車2,000円、小型車以外2,100円。乗用車の車検継続検査は小型車1,700円、小型車以外1,800円です。

 

面倒な手続きだとは思いますが、申請や車検を怠ると、違法改造車になってしまい、反則金や罰金が発生してしまいますので、しっかりと手続きをしましょう。

 

構造変更申請はどのタイミングでおこなうべきか

構造変更申請は必要な時におこなうものだと思いますが、車検の更新と同じ時期におこなうのをオススメします。なぜかといいますと、車検や構造変更の申請は同じ陸運局でおこなっております。構造変更申請をし、検査に通ると新しく車検証が発行されますが、今までの車検を一度切ることになりますので、残っている車検期間が無効になってしまうのです。

そのため、改造車を車検に通す前に構造変更申請をして検査をおこなえば、車検の有効残数をむだにすることなくスムーズにいきます。構造変更申請をおこなう際は、同時期にできるように、前もってスケジュールを調整しておきましょう。

 

改造車が車検に通らない…そんなときの対策

改造車が車検に通らない…そんなときの対策

 

改造車が車検に通らない場合は、まず自分がどのような改造を車に施したのか思いだしてみましょう。保安基準を満たしているパーツの表を確認しながら、当てはまらないものをあぶりだし、基準に満たしていないものは交換や排除をしましょう。

もし自分で思い出せない部分があり、基準を満たすような修正ができないようでしたら、車の買取業者に頼んでみるのもいいでしょう。買取業者はパーツごとに買い取ってくれますので、高額買取されれば次の新しい車への足しになるかもしれません。

 

自分でできそうなところまで改善する

何も考えずに改造をしてしまいますと、気づかないうちに保安基準を満たしていないパーツを使用していたり、改造してはいけない箇所をいじってしまったことがあるかもしれません。車検に通らない原因となる部分が存在するはずですので、思い当たる部分を徹底的に探し、確認しましょう。

 

車買取業者を利用する

構造変更申請さえ通ればいいと思うかもしれませんが、審査基準は想像以上に厳しいものです。もし車検に通らず、ご自身で改善することも難しいようでしたら、事故車や廃車専門の買取業者に売却してみるのもいいでしょう。

大切にしていた車だとは思いますが、車検に通らないと違法改造車となってしまいます。車の買取業者なら、改造車でも買い取ってくれますので、一度依頼するといいかもしれません。車に装備しているパーツによっては高額買取となる場合もありますので、特にマフラーやアクセサリーはできるだけそのままにしてください。改造の仕方によっては、金額が変わることがありますので、まずは査定してもいましょう。

 

まとめ

改造自体はいけないことではありません。ただし、決められた範囲内でおこなわないと、違法改造車になってしまうことがあります。車を改造する前に、使用しているパーツは保安基準を満たしているのか、いじってはいけない部分ではないかをきちんと確認しながらおこなうのが一番よいでしょう。

もし車検で通らなかった場合は、構造変更申請が必要になります。車検前に申請をおこなうと一番むだなくできますので、できれば構造変更申請をおこなった後に車検に通すことをオススメします。

もしどうしても車検に通らず、自分で改造したところを洗い出して確認するのが大変な場合は、車買取業者に依頼をしてみましょう。大切な車は機能しなくなりますが、装備している部品が高額買取してもらえる場合もあるので、次回の車への資金になるかもしれません。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。