事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

愛車が水没してしまったら

無題ドキュメント

最新情報・レポート

愛車が水没してしまったら

日本は、災害の多い国です。大規模な地震が発生する事もあれば、台風がいくつも上陸したり、ゲリラ豪雨によって冠水してしまうこともあるでしょう。そこで問題になるのが、自動車の浸水です。多少の水たまりなら問題無いものの、その水かさ次第では取り返しのつかないダメージを負ってしまうこともあるのです。そうした自動車は水没車という扱いになり、買取の際も査定額が大きく低下してしまいます。

水没車になるか否かは、どの程度見ずに浸っていたのかが重要になります。一般的に、マフラーの排気口や、バンパーの下まで浸水してしまえば、その自動車は水没車指定される事が多いです。それより浅かったとしても、走行する事によって水が跳ね、浸水してしまうということもあるようです。
水没車は、通常の事故車よりも嫌われる傾向にあります。なぜなら、現代の自動車は電子制御されているため、浸水に非常に弱いからです。加えて故障の程度もわかりづらく、金属の腐食も進んでいきますので、走行するには危険が伴うのです。まずは一度、当サイトより一括見積りをお試しになってみることをおすすめいたします。

もしもご加入されている自動車保険に水没車に関する事項が含まれていましたら、修理してみるのも良いでしょう。そうでなければ、水没車を買取に出してみてはいかがでしょうか。事故車買取を行っている業者ならば、水没車の買取も行っている事が多いです。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。