事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

突然の豪雨!車の水没から脱出するには?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

突然の豪雨!車の水没から脱出するには?

そろそろ梅雨入りが発表された地域も多くなってきたこのシーズンですが、雨が多くなってくる季節、特に注意したいのがゲリラ豪雨や台風などによる車の水没です。大水害になると、時に車だけではなく、私たちの命が危険に晒される場合があります。 最も恐ろしいのが、冠水した道路を無理矢理に進んで、川などに流されてしまうというケースです。毎年こうした事故は数十件起こっており、残念ながら命を落としてしまったという方もいらっしゃいます。万一自分の車が水没してしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか? まず多くの車が、車の前の方にエンジンなどの重い部品が搭載されており、前側、つまり運転席側からブクブクと沈んでしまう傾向にあります。 こうなると慌ててしまいそうになりますが、まずは落ち着いてシートベルトを外し、窓を開けて車の天井に上るようにします。 水没となると車の窓を開けたくても電気系統がショートして窓ガラスが割れない場合もありますが、そうした場合はハンマーなどで窓ガラスを思い切り叩けば割れるようになっています。ハンマーを非常用に装備しておくと良いでしょう。しかし、もしも窓ガラスも開かず、ハンマーも無い、さらには水圧でドアが開けれられない!といった絶体絶命の状態になったらどうすれば良いのでしょうか?実はそのような場合でもドアを開けられるチャンスがあります。それは車の中に水がどんどん浸入してきて、ドアと車の中の圧力の差が小さくなった時です。このような時に足なども使って思い切りドアを開ければ簡単にドアから抜け出すことができます。まずはどのような事態になっても慌てないこと、正しい知識を身につけていざという時に備えることが、命を守ることに繋がります。もし車が水没してしまった場合でも当サイトでは買取をご相談頂けます。廃車買取についてのご相談を24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。