事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

安全不確認による交通事故

無題ドキュメント

最新情報・レポート

安全不確認による交通事故

電車、バスといった公共交通機関が発達していない地方はもちろんのこと、都市部においても日常生活に自動車は欠かせません。身分証の例として自動車免許が第一にあげられているように、自動車免許を取得されている方も大勢いらっしゃいます。自動車に乗る方が大勢いらっしゃる一方で、自動車事故も毎年後をたちません。自動車を運転している以上、常に交通事故のリスクは背負っています。加害者にも被害者にもならないように日頃から気をつける必要があります。 平成26年の交通事故発生状況の統計によると、交通事故原因で最も多かったのが「安全不確認」です。交通事故原因の約30%を占めています。安全不確認とは、一時停止や徐行をしたにもかかわらず、十分な安全確認をしなかったため、相手の動きを認識できなかった(もしくは認識が遅れた)ことにより事故や違反につながることを指しています。例えば交差点を左折する際に、左折のために減速したものの、左側にいた歩行者や自転車の確認が十分できておらず事故に繋がったというケースなどが典型的なパターンです。 交通ルールは決して違反者を取り締まるためだけのものではなく、人々の安全を確保するために必要なものです。道路標識に形式的に従うだけではなく、安全確認が必要な場所では十分に気をつけるように十分注意することが大切です。それでも交通事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまうことはないとは言えません。事故後は心身のケアはもちろんのこと、事故車の処分についても検討する必要があります。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。