事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車で事故にあった時の対応!事故直後にするべきことと注意する点は?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車で事故にあった時の対応!事故直後にするべきことと注意する点は?

車で事故にあった時の対応!事故直後にするべきことと注意する点は?

 

もし自分が交通事故の当事者になってしまったら、どのように行動するのが適切なのでしょう。車社会の中、いつ誰の身に起きてもおかしくないのが交通事故ですが、対応方法を把握できていると言える人は、あまり多くないかもしれません。

 

しかし、誰もが「きちんと知って安心しておきたい」と考えているのが本当のところではないでしょうか。

 

いざ交通事故に遭い、破損した車や動けない負傷者を目の前にした時、混乱の中でも最善の行動ができる自分であるために。そして事故後はできるかぎり後悔なく、また普段の生活へと戻っていけるように。万が一の時に備えて、ぜひ普段から知って覚えておきたい重要項目をまとめます。

 

 

交通事故にあったら最初にすること!

車で事故を起こしてしまった場合、まず最優先されるのは負傷者救護と通報ですが、実際現場ではどのような手順を踏み、どういったことに注意しながら行っていけばよいのでしょう。

 

負傷者がいれば救護し、救急車(119)を呼ぶ

交通事故で負傷者が出た場合、基本的には加害者が救急車の要請や警察への通報を行うべきですが、ケガやパニックによりそれができない状況であったり、連絡を渋られるといった展開になることがあります。そういった場合には被害者が対応を行います。

 

道路交通法では「負傷者救護の義務」に従い、加害者・被害者問わず救護を行うことが義務付けられています。また、両者の今後の関わりを円滑にするためにも、必ず行っておきたいことでもあります。

 

【ポイント】
  • ・事故が起きたら加害者、被害者、同乗者全ての状況を確かめる
  • ・負傷者がいれば意識があるかを確認する(軽く肩をたたき大きな声で呼びかける)
  • ・119番通報をして救急車を呼ぶ
  • ・救護の手が足りなければ周囲に助けを求める
  •  

    車と接触したが外傷も痛みもないといった場合でも、必ず救急車を呼びましょう。事故直後は興奮状態にあり症状を自覚できないケースが多く、後に容態が急変する可能性があるからです。

     

    二次災害を防止する

    事故後のパニックの中で、二次災害の防止を欠いたことで起こる事故は多く、これを避けることは非常に重要です。救急車の手配をしている間も後続車にしっかりと注意し、できるだけ周囲の助けを借りて負傷者を安全な場所へと移動させてください。ゆっくりと安静に、路肩へ寄せるなどの対応が望まれます。

     

    【ポイント】
  • ・自身の安全も確認しながら、負傷部分や首、頭部に負担をかけないよう路肩などへ寄せる
  • ・可能であれば事故車両のハザードを点けて道路わきへ移動させる
  • ・助けを頼める人がいなければ、三角表示板、発煙筒を使って事故を知らせる
  • ・119番通報で対処法を聞きながら、救急車到着まで負傷者の応急処置を行う
  •  

    応急処置は比較的だれでも可能な方法も取り入れられています。普段から予備知識として習得しておけば、いざという時に冷静に対処できるでしょう。

     

    警察(110)を呼ぶ

    負傷者救護と同様、加害者が警察へ通報することが不可能もしくは拒否するような場合は、被害者が警察に事故の通報を行います。警察官が到着後、現場確認と状況確認を行い、事実を記録します。

    過失割合に関してはここでは判定されません。民事上で取り扱われる事柄のため、以降は警察が調べた事実を元に保険会社が協議するのが一般的です。過失割合が気になる当事者は多いですが、事故直後はその追求をするよりも下記にあるような事故状況の確認に注力する必要があります。

     

    証人の確保、現場を撮影するなど事故状況を記録する

    交通事故は直後の正しい対応が重要であると同時に、これから始まる相手側との交渉を円滑に進めるための行動も非常に大切です。事故後必ず行っておきたいのは、以下の3つです。

     

  • ①相手の氏名、住所、電話番号、車のナンバー、勤務先をメモする
  •  ※自賠責保険や任意保険の保険会社名も忘れずに聞き出す
  • ②目撃者がいれば証言してもらい、その内容と氏名、連絡先をメモする
  • ③カメラや携帯電話などで事故状況を撮影する
  •  

    これらの行動はすべて、事故直後にしかできないことです。混乱の中でうっかり見送ってしまうと、後々必要になっても取返しがつかないということをしっかり覚えておきましょう。

     

    事故直後の緊急対応が処理できたら… 

    事故直後の緊急対応が処理できたら… 

     

    人命に関わることへの緊急対応と、必ず必要になる重要な情報の確保を終えたら、次のようなことの確認と対処に着手していきます。

     

    保険会社への通知義務があります

    自分が加害者である場合は必ず、自動車保険会社または代理店に、事故を起こした事実を伝える義務があります。事故の初期対応の案内や代行をしてくれる保険会社が多いですので、不安になることはありません。

    こういった時にスムーズに連絡できるよう、日頃から電話番号などを手元に控えておきましょう。その際は証券番号が必要になりますので、保険証券は常に車の中に保管しておくのが安心です。

     

    車が走行可能かを確認。もし動かない場合は?

    車が動けば現場から移動できますが、もし故障や自分のケガなどで走行できない場合はディーラーやJAFに引上げてもらうことになります。

    保険会社に連絡していれば、こういった引き上げや修理の手続きに関しても正しく案内してもらえますので、やはりまずは保険会社へ通知しておくのが一番安心と言えそうです。

     

    病院で医師の診断を受ける

    負傷者救護のポイントでも触れましたが、軽症だからと病院へ行かないのは危険です。

    交通事故による症状の多くは、事故直後だけでなく、時間が経過していく中で徐々に現れる場合も多いことが特徴です。

     

    事故直後は特に混乱し、正常な判断が不可能になっている人がほとんどです。

    目立った外傷や痛みなどがなくても、頭部や内臓で出血が起きていたり危機的な骨の損傷などが隠れていたりするかもしれません。

    仕事や大切な予定が控えているからと検査を後回しにするのは、助かるか紙一重のところにあるかもしれない自分の命の確保を、後回しにしてしまうのと同じことと言えます。

    また、直後の診察を行わず後々になって体に異変を感じても、その時にはもう交通事故との因果関係を証明できなくなっている可能性があります。

    「損害賠償が請求できず自費治療で高額を払うことになってしまった」…そんな結果を避けるためにも、医師の診断は速やかに受けましょう。

     

    事故当事者が気をつけるべきこと

    事故当事者が気をつけるべきこと

     

    交通事故の当事者になった時に気を付けていただきたいことは、まだあります。

     

    当事者だけの判断で示談をしない!

    警察に届けることを嫌がり、その場で示談を要求する加害者がいます。理由は免許取消しや免停になるのを恐れての場合であったり、業務中に起こした事故であったりすることが多いようですが、被害者は相手の都合に流されてはいけません。

    示談交渉は、事故当日に現場で話し合って合意してしまえば「有効」となり、覆すことはできなくなります。事故から数日たった後に症状が出て治療することになったり、後遺症が出てきてしまったとしても、当事者間で示談を済ませてしまっていればもう損害賠償請求はできません。

    こういった問題が起きる可能性を残さないよう、事故後は必ず通報して警察官に状況を説明し、きちんと人身事故扱いをしてもらっておくことが重要なのです。

     

    必ず交通事故証明書をもらう!

    事故車の修理代を請求するためには、必ず修理前に保険会社へ事前の通知がしてあり、警察から交通事故証明書が交付されている必要があります。交通事故証明書は、事故直後に警察の立ち合いを受けなければ発行してもらえません。

    こういったことからも、仮に駐車場内での軽微な事故であったとしても、警察への通知は欠かすべきではないということが分かるのではないでしょうか。

     

    下取りは損かも…事故車の処理は慎重に!

    愛車が「事故車」となってしまったかどうかは、フレーム部分に損傷があるかどうかで決まります。もし事故車扱いとなる場合、ディーラーなどへ下取り査定に出してしまうと「0円」となるばかりか、処分費を取られてしまう可能性があります。

    車を処分すると決めたら、システム上「事故車」の価値を低く見積もるしかない車販売業者にゆだねるよりも、パーツや部品、鉄などの原材料に価値を付けてくれる廃車工場に見積りを依頼するのがおすすめです。処分費がマイナスから一気にプラスになるかもしれません。

     

    まとめ

    車を利用する人の多くは、普段から常に事故への危機感を持っている一方で、万が一の場合の対応方法については曖昧な知識しかなく不安を抱いている人が多いようです。今回ご紹介した内容を役立てていただくことで不安は軽減され、より安全で快適な運転に繋がっていくのではないでしょうか。

    もし事故に遭遇してしまったら、落ち着いて冷静に負傷者の確認から救急車の要請、安全の確保を行った後、警察への通報を必ずしましょう。そして、当事者間での示談は避け、車内に常備してある保険証券を確認し、保険会社へ連絡する。必ず病院で診察を受ける。

    こういった大切なポイントを抑えることができれば、事故後のトラブルは回避でき、より早く日常を取り戻すことができるでしょう。

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0120-949-735

    24時間365日、日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • しもの
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!

    ご相談窓口

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    事故車買取比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。