事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の修理!それとも買い替える?気になる費用と保険の話

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の修理!それとも買い替える?気になる費用と保険の話

事故車の修理!それとも買い替える?気になる費用と保険の話

 

「愛車」という言葉があるほど、車はとても大切にしているものです。手軽に買えるものではないので、何年もかけてローンを払っているかたも多いでしょう。毎日の通勤で使っているかたもいれば、日常生活の移動手段として使用しているかたもいます。そんな車が事故にあって故障してしまったら困ります。早く直して元通りにしたいところですが、気になるのが費用です。

また、修理にとの程度の時間が必要なのかも気になるところです。今回は修理にだすときの依頼先から修理費用と期間、車両保険についてなどお伝えしていきます。もしものときのための参考にしてください。

修理の依頼先はディーラーor修理店工場

車の修理といえばディーラーか修理店工場を思いつきます。ディーラーは車を購入した場所ということもあり、なんとなく安心感があります。では修理店工場はどうなのでしょうか。ディーラーと修理店工場、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

●ディーラーの場合

ディーラーとは自動車メーカーのことです。ディーラーのメイン業務は車の販売ですが、もちろん修理も受け付けています。故障車の引取や代車の手配といったアフターフォローがしっかりしているなど、ディーラーにしかない特典もあります。しかし、その場で修理できるかはお店によって変わります。

板金工場や整備士がいれば比較的すぐに修理をしてくれますが、ない場合はいちど預かり、下請け会社の修理設備の整った板金工場へ依頼します。ディーラーで受け付けた車の修理は正規の部品が使われるので、修理後に不具合が起きる心配もありません。また、板金屋工場に修理を依頼する場合でも、普段から付き合いのある修理屋さんに依頼するケースが多いため安心です。

●修理店工場の場合

いろんな車種を扱っているため、どの車にも対応してくれます。部品に関しては、必ずしも正規品とは限りません。修理店は修理を得意としているのでディーラーではパーツ交換することでも、修理店では修理をしてくれるため料金が安くおさまります。また、ディーラーと違って中間マージンがない分、余分な費用がかかりません。

板金技術も修理専門なのでしっかりとした知識を持っています。しかしディーラーと違い、お客様を大切にしているとはいえ順番待ちで時間がかかることがあります。また代車の用意がなかったり、あっても好みの車種などは期待できません。あくまでも「修理期間だけの乗るには問題ない」車なので好きな形など選べないことが多いです。

修理店工場は土日休みなこともあるので、金曜日に故障した場合は月曜まで待たなければいけません。すぐに対応してもらうのが難しいケースもあります。

以上、ディーラーと修理店についてまとめると

  • ・金額は修理店のほうが安い
  • ・技術面はどちらも期待できる
  • ・手厚いサービスはディーラー
  •  

    ということです。

    修理期間と修理までの流れ

    修理期間と修理までの流れ

     

    できるだけ早く修理から戻ってきてほしいですが、修理期間はどれくらいかかるのでしょうか。また修理するときの流れについて説明します。

    ●おおよその修理期間

    修理箇所によって変わりますが、いちばん修理に時間がかかるのはエンジンです。フロントバンパーが約2日間で修理が終わるのに対して、エンジンでは約1週間かかってしまいます。しかしこれは修理だけの期間です。それ以上に長引く理由があるので説明します。

    ・特殊な車両

    パーツの取り寄せが必要な外車や、珍しい車種になるとすぐに修理が始められません。その分、修理期間が延びてしまいます。価格は高くなりますが修理店よりもディーラーのほうがパーツのストックがあるので早く修理が始められるでしょう。

    ・混んでいる

    年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなど長期休暇になると車に乗る機会が増えます。そのため、事故や故障も増え修理店もディーラーも修理待ちの人が多く、いつもより日数がかかりやすくなります。

    ・保険を使用するとき

    事故の場合、保険を使って修理をすることもあります。修理工場と保険会社のあいだで話し合いや手続きで時間がかかると、修理開始する日も伸びてしまいます。場合によっては、1か月以上かかることもあります。

    ●修理までの流れ

    一般的な流れですが、事故で車が故障すると保険会社から提携する修理工場を紹介され、そこで修理をまかせることになります。故障といっても走るのに問題ないくらいの傷であれば自分で修理工場へ持ち込み、走れないほどの大きな故障はレッカー車で運ぶことになります。それから見積り書を作成してもらい、確認して納得したら改めて修理依頼です。

    自分が加入している保険の内容によって、どこまでカバーできるのか違ってくるので保険会社との話し合いと確認が必要です。

    車の修理代ってどれくらい?パーツごとに解説

    故障個所によって修理代は違います。修理の簡単な部分と難しい部分では、難しいほうが修理代も高くなります。また修理かパーツ交換では交換のほうが高いです。ここではパーツごとに解説していきます。

    ●エンジン

    修理でいちばん高くつく部分です。エンジンの損傷の場合、部品交換ではなくエンジンそのものの交換になります。外車や国産高級車は、国産一般車よりも数倍かかることもあります。

    ●バンパー

    パンパー交換になると高くなりますが、小さな傷程度でしたら比較的安価で修理ができます。バンパーそのものを塗装し直すと部分的な修理より少し高くなります。

    ●マフラー

    マフラーに穴が開いたような、部分的な修理であれば手軽な価格で済みますがマフラー交換になると、部分修理の3倍以上かかります。

    ●エアコン

    エアコンの故障は、ガス補充であれば手軽な金額ですがほかの部分が故障していると少し金額は上がります。またエアコン交換となるとだいぶ金額が上がります。

    ドア

    ひっかき傷くらいならいざとなれば自分でも修正できるので安価で手軽に終わります。ぶつけて凹んだ場合は自分で直すのは難しいので修理になりますがドア交換をすると高くなります。

    ●フレーム

    部分的な修理でもフレームになると比較的高い金額です。フレームは板金加工になるため技術が必要となります。部分修理ではなく全損や大きな範囲の修理では高額になるため買い替えたほうが得になることもあります。

    修理費は車両保険で払える場合あり!

    修理費は車両保険で払える場合あり!

     

    修理をするのに高額な場合、なかなかすぐに依頼ができません。しかし車両保険を使うとカバーしてくれるかもしれません。ここでは車両保険を使うべきかどうか、車両保険が使えないときはどういった状況か、について解説していきます。

    ●車両保険とは?

    最初に車両保険について簡単に説明します。ひとことでいえば、自分の車が事故で修理が必要なときに代わりに保証してくれる制度です。修理のときだけではなく、買い替えのときも保険料で支払うことも可能です。

    ●車両保険を使うべきかどうかの判断が大事

    修理をするとき保険が下りるのであればすべて補いたいものですが、ここで重要な判断が必です。ときには自費で払ったほうが後々よい結果になることがあるからです。自動車保険は1~20の等級があり、1年間無事故なら次の年にはひとつ等級が上がります。反対に保険を使うと等級がひとつ降格します。

    等級が上がるほど毎年の保険料も安くなるので等級は上を保っていたいです。そこで修理費との関係ですが、等級を下げて次の年からの保険料を上げて修理費を補うのか、ここは自費で払い等級をそのままにしておくほうがよいのか、計算をしてみてどちらが得か、保険を使うべきかを判断してください。安価な修理費なら自費のほうがお得になりやすいです。

    ●そもそも車両保険が使えないときもあります

    修理費が高いと保険を使いたくなります。しかし、車両保険が適用されない場合もあります。車両保険は修理費全額を保証してくれるわけではありません。ときには自己負担も必要となります。加入している保険内容によって異なるので、ご自分の保険内容の確認が必要です。免責金額といって自己負担する金額が契約時に決められています。

    修理費5万でも免責金額が5万設定していたら保険は使用できません。修理費5万、免責金額3万なら差額の2万を保険で補えます。

    事故車の修理よりも買い替えたほうがお得?

    高額な修理費で驚くことも多いでしょう。愛着がありどうしてもこだわりがある以外は買い替えの選択もあります。買い替えたほうが得になることもあることを説明します。修理をするか買い替えるかのポイントは次の3つです。

    ① 車の年式

    古い車の場合、保険がおりないことがあります。時価といいますが、古くなれば価値も下がるため金額がつかなくなる可能性もあります。新車購入から5年ほどでおよそ半分の金額になります。10年もすると0円になるでしょう。古いということは走行距離も長く、車の劣化もします。それだけ人気も下がり市場価値がなくなるのです。

    ② 修理費用

    修理費用がいくらになるのかで判断します。保険で支払われる以外の自己負担額が大きければ、思い切って買い替えることもよいでしょう。

    ③ 修理後の車の状態

    修理をしても大きな事故であれば、ゆがみがでてしまうかもしれません。トランクのカバーがずれていたり、塗装にムラがあると愛着もわかなくなります。また大きな事故であれば安全性も心配です。フレームの損傷がひどければ車本体の強度も弱くなります。以上3点に当てはまるのなら買い替えをおすすめします。

    そして、買い替えるなら今までの車をどうするか問題になってきます。売れるのであれば、ぜひ売ってお金に変えたいです。数社から買取査定の見積もりをだして比較してください。もしも、買取金額もつかないほどの場合は廃車となりますが、廃車には手続きが必要で自動車リサイクル法により費用がかかります。

    そこで「無料で引き取ります」と業者に言われると「タダで引き取ってくれるなら…」と思ってしまいます。しかし、無料引取だけはしないでください。廃車になるほどの事故車でも金額をつけて引き取ってくれる業者があります。少しでも買い替えのプラスになるように、廃車専門業者に依頼することをおすすめします。

    まとめ

    今まで乗っていた車が事故にあって修理にだすといろいろ心配になります。早く戻ってこないと生活に支障はでて、費用も高額になるとすぐに修理ができません。そこで頼りになるのが車両保険です。どこまで保証されるのかご自分の保険内容を確認して、保険を使うべきか自己負担するべきかの判断をしてください。そしてときには買い替えることも必要です。

    買い替えるときは今までの車にも値段がつくことを覚えておくとよいでしょう。万が一の事故のときはこの記事を参考に損をしない選択をしてください。

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0120-949-735

    24時間365日、日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • しもの
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!

    ご相談窓口

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    事故車買取比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。