事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車の定義はこれ!車の購入時に事故車かどうかを見極めるには?

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車の定義はこれ!車の購入時に事故車かどうかを見極めるには?

事故車の定義はこれ!車の購入時に事故車かどうかを見極めるには? 自宅に動かくなった車があるが、この車は事故車になるのか。それとも故障車にあたるのか疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。そして、「事故車」の場合にどのように処分したらいいのか困っていて、なかなか処分できないという方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで、今回は事故車とはどんな車を指すのか。事故車の定義をご紹介します。そして、事故車の処分方法もお伝えします。また、中古市場で事故車は多く流通しており、中古車を購入するときにはどんな点に注意すべきなのかもご紹介します。

 

 

事故車の定義を知ろう!

事故車とは事故を起こした車というイメージをお持ちかと思います。しかし、事故を起こした車だけではないのです。ここでは、事故車の定義をしっかり理解しましょう。

 

事故を起こした車だけではないって本当?

事故車の定義として、事故車とは修復歴のある車ということであり、その車を「修復歴車」と呼びます。修復歴というのは「車のフレーム部分を交換や修復したこと」を指しており、その多くが事故を起こしたときに行われることから「事故車」とよく呼ばれるようになったとされています。

 

車のフレームとは、車の骨組みということを意味します。乗用車を例にすると、次のものがあります。

 

  • 1、フレーム
  • 2.フロントクロスメンバー
  • 3.フロントインサイドパネル
  • 4.ピラー 
  • 5.ダッシュパネル 
  • 6.ルーフパネル
  • 7.ルームフロアパネル
  • 8.トランクフロアパネル
  • 9.ラジエターコアサポート
  •  

    つまり、これらが交換されたり、これらに接する部分にへこみや曲がりがあったり、修理歴があるものを修復歴車とされるのです。

     

    そのため、事故を起こしていなくても、上記の部分に傷やへこみがあれば事故車扱いになってしまいます。そして、修復が修理済みかどうかは「修復歴車にとっては関係がないので、どんなに修理済みでも事故車扱い、つまり「修復歴車」となるのです。その他の細かい定義は「(社団法人)自動車公正取引委員会」「財団法人)日本自動車査定協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」によって決められています。

     

    中古車を購入するときの注意点は「事故車を見分けること」

    中古車を購入するときの注意点は「事故車を見分けること」

     

    事故車の定義がわかったところで、「事故車」の見分け方ご紹介します。この見分け方をしっておけば、「事故車」が多く流通している中古車業界で中古車を購入するときにチェックできるでしょう。

     

    中古車市場には修復歴のある車はたくさんある?

    「修復歴車」を販売するときには、販売店などは告知する義務があります。しかし、それは事故をしたことがあるかということではなく、修復歴です。そのため、以前に事故でぶつけていても車のフレーム事態に修復歴がない場合は告知する必要がないのです。

     

    そのため、いくら修復歴がない車でも事故を起こしている可能があるので、しっかりと見分けることが重要となります。詳しい見分け方をご紹介します。

     

    ① 左右の車体が対称的になっているか

    車体は、基本的に左右対称的になっています。しかし、フレームの形状が違ったり、ボンネットなどの隙間が対称でなかったりする場合は、どちらかの側面に事故を起こした可能性があります。対称であるかチェックしましょう。

     

    ② パネルの隙間が均一であるか

    ボンネットやドア、トランクなどを閉めたときにできる隙間が均一であるかをチェックしましょう。フレーム部分が曲がっていたり、修理や交換した場合に隙間が一部ずれていたりすることがあります。また、ボンネットが浮いている状態になっていることがあります。

     

    ③ ボルトの塗装に違いがあるか

    ボンネットの中やトランクの中にある継ぎ目部分のボルトをチェックしましょう。その部分のボルトには塗装がされており、その色が剥げている場合はその周辺を修理した証です。どのような修理を行ったのかを確認しましょう。

     

    ④ シーラーの状態はどうか

    シーラーとは、ドアを開けたときにドアの縁にある防水加工の部分です。ドアに衝撃を受けてドアを交換した場合に、シーリングの形状が異なるものとなります。例えば、シーリングの形状が左右のドアで違うものだった場合はドアを交換した証です。どんな修理を行ったのか確認するとよいでしょう。

     

    ⑤ トランクの床下の状態はどうか

    水没した車の場合、トランクのシートをめくったスペアタイヤなどが収納されているところにシワがあることがあります。また、床下が錆びている場合も水没車であることが多いので、タイヤなどをどかして隅々までチェックしましょう。

     

    修復歴のある車によくある不具合、デメリットとは?

    修復歴がある車にある不具合の事例をご紹介します。

     

    ① フロントガラス上部からの雨漏りや突然のフロントガラスのヒビ

    フロント部分の事故や横転によって、フロントガラスが損傷した車。そして、フロントガラス周辺の修理や、フロントガラスを交換した。その後、フロントガラス付近から雨漏りが発生したり、何もしてないのに突然ガラスにヒビが入ったりする不具合が発生した。

     

    この不具合は、「修理箇所にできた錆がガラスの接着剤を浮かせたり、剥がれたりしたことによって雨漏りが発生した」または、「ガラス交換時にしっかりとガラスがはまっておらず、気温の変動により金属の収縮が起きたときにガラスが圧迫されたことでヒビが入った」ということが考えられます。

     

    ② 走行中にハンドルが取られる

    車の側面の事故により、サイドパネル全般を修理した車。運転中に車のハンドルがとられて、車が曲がっていく感じになるという不具合が発生した。

     

    この不具合は、「側面のフレーム部分は修理されたが、ホイールベースに狂いがでてしまった」ので、このようなことが起きたと考えられます。これらのように、修復歴のある車というのは、修理をして直っていたとしても不具合が発生することがあります。せっかく車を交換したのに、車にすぐ不具合が発生してしまうと修理代がかかり、残念な思いをするでしょう。

     

    また、走行に支障が出た場合は、事故を起こしてしまう可能性もあります。そうなってしまえば、命にかかわる問題となるのでとても危険です。それらのデメリットがあることをしっかり理解して、安心安全な車を選ぶとよいでしょう。

     

    新しい車の買い替えを考えている方におすすめ!3つの処分方法

    新しい車の買い替えを考えている方におすすめ!3つの処分方法

     

    事故車の定義を知った上で、新しく車の購入を考えている場合にどうやって修復歴のある車を処分したらいいかをご紹介します。

     

    新車を購入する際に引き取ってもらう方法

    ディーラーなどで新車を購入する際に、今の修復歴のある事故車を引き取ってもらう方法です。ディーラーによっては、買い取ってくれることもあります。その場合は、買い取ってもらった金額を新車の費用から差し引きしてもらえるでしょう。買い取ってもらえなかった場合は、無料で引き取ってもらうか、廃車手数料を支払うかなど、交渉することが可能でしょう。

     

    あくまでも、ディーラーで新車を購入するという前提があるので、それらの交渉が可能ということです。反対に新車を購入しない場合は引き取ってもらえない可能性もあります。

     

    廃車にする方法

    あらたに車を購入する予定がなく、廃車する方法です。廃車となった場合は、「廃車登録手続き手数料」「廃車引き取り費用」「抹消登録費用」「リサイクル料」「解体費用」などが必要となります。

     

    事故車専門の買取業者に依頼する方法

    事故車・修復歴のある車を専門として買い取りを行ってもらう方法です。廃車する場合は費用がかかりますが、この場合は買い取ってくれるので少しでもお金になる可能性があります。また、買い取りが不可でも、海外などに部品などを輸出している会社であれば、無料で引き取ってくれます。

     

    買取業者によっては、海外に輸出するルートを持っていない場合もあります。そのため、複数社に見積りを出してもらうことで、その業者が買い取りしてくれるのか確認しましょう。買い取り実績などがあれば高く買い取ってもらえることもあります。

     

    まとめ

    今回は、事故車の定義をご紹介するとともに、事故車と呼ばれる修復歴のある車の見分け方などをご紹介しました。修復歴のある車は、中古車市場では多く流通しています。その中から見分けることができれば、安心安全な車を選ぶことができるでしょう。

     

    そして、もし修復歴のある車をお持ちで処分にお困りの方がいましたら、廃車でなく事故車・修復歴のある車を専門の買取業者に依頼することをおすすめします。動かない車をお金に変えることができるかもしれません。

     

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0120-949-735

    24時間365日、日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • しもの
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!

    ご相談窓口

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    事故車買取比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。