事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

事故車を購入するまえに注意点を知っておこう

無題ドキュメント

最新情報・レポート

事故車を購入するまえに注意点を知っておこう

事故車を購入するまえに注意点を知っておこう

車を安く購入したいとお考えの方は多くいらっしゃることでしょう。そのなかでも最近耳にするのが事故車の購入です。
事故車と聞くと、性能面で問題があるのではないかという印象を受けることでしょう。しかし安価で車を購入することができため、とにかく車が欲しいという方から支持を得ています。それでもやはり問題点があれば気になるところではないでしょうか?

今回は事故車を購入するまえに注意すべきポイントやリスクをご紹介します。
メリットもいくつかありますが、デメリットを把握しておかなければ購入後にトラブルが発生する可能性があるでしょう。購入を検討されている方は注意点をしっかりと理解しておくことが重要です。

 

 

そもそも事故車の定義とは?

事故車とは、修復歴のある車のことです。修理歴車ともよばれており、車の骨格部品の交換や修理をしたことがある車をひとまとめに事故車と呼んでいます。修理歴車ではなく事故車と呼ばれる理由は、事故が原因で修理が必要になることが多いからと言われています。
細かな定義は「自動車公正取引委員会」「日本自動車査定協会」「日本中古車自動車販売商工組合連合会」によって定められています

購入を検討されている方であれば、車の骨格部分とはどこのことを指すのか理解しておくとよいでしょう。ある程度把握しておくことで修復箇所を知ることができるため、購入時の参考になるかもしれません。

  • ・フレーム
  • ・フロントクロスメンバー
  • ・フロントインサイドパネル
  • ・ピラー
  • ・ダッシュパネル
  • ・ルーフパネル
  • ・ルームフロアパネル
  • ・トランクフロアパネル
  • ・ラジエターコアサポート

 

これらに損傷がある、もしくは修復されている車が事故車として取り扱われています。しかし、ラジエターコアサポートのみが例外として、交換されているかつ隣接している骨格部分にへこみや曲がり、修理歴があるものを事故車として分類します。

事故車を購入するメリット・デメリット

事故車を購入するメリット・デメリット

事故車を購入するにあたって、知っておくべきメリットとデメリットがあるためご紹介します。車という大きな買い物なだけに、良い点だけでなくデメリットもしっかりと理解しておくことが重要です。

 

メリット

事故車を購入するメリットは、相場よりも安く目的の車を手に入れることができることでしょう。修復歴がある分、事故歴なしの車よりも安く販売されることは当然です。
電柱に少しぶつけただけなど、修復規模が小さいものと出会える可能性もあります。規模が小さく状態が良ければ、車の性能に直接影響を与えることが少なくなることでしょう。

どうしても欲しい車があるのであれば、安く手に入れることが可能な事故車の購入を検討してもいいかもしれません。

デメリット

事故車のデメリットとして挙げられるのは、修復箇所によって現れる車での影響です。事故によって修復した箇所は購入時に確認することができますが、修復規模は詳細を聞かなければ知ることはできません。聞くためには業者を通して過去のオーナーへ尋ねる、もしくは業者のコンディショニングノートの開示を依頼するしかないため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

しかし修復規模を知ることができたとしても、乗ってみなくては分からないということが多いのが車です。前オーナーがひとりしかいないという確証もありません。直前のオーナーが未確認の修復があった…という問題が発覚する可能性もあるので注意が必要してください。購入後の不具合が発生する危険性こそが、事故車購入のデメリットと言えるでしょう。

事故車の購入にはリスクが伴う?その理由とは

事故車は新車や中古車に比べ比較的安価で購入することができます。しかし、それにはもちろん理由があるため、そのリスクを把握しておく必要があります。

リスクとして挙げられることが多いのが車体へのダメージです。事故に遭ったときにどれほどのダメージを受けたのか、その影響はどれほどなのか、これらは自分で乗ってみなくては分からないことが多いです。
破損個所をしっかりと修復したとしても、事故車が修理前の強度にまで回復することはほとんどありません。

上でも少し触れましたが、購入後に不具合やトラブルが発生するリスクはないとは言い切れません。

事故跡も知識のない人から見ればほとんど見分けることができません。見た目は問題ないように見えたとしても、どこか問題を抱えた状態になっている可能性が高いのです。自分が乗るのであれば跡がないに越したことはありませんが、見分ける際にはこれが問題になるので注意しましょう。

修復した箇所にかかる負担など、事故車には購入前では知りえないことが多いためリスクが伴います。故障しやすいといったリスクもあるため、購入時にはそれらをしっかりと理解しておいてください。

事故車を購入するときの注意点を知っておこう!

事故車を購入するときの注意点を知っておこう!

事故車の購入を検討している方がもっとも確認しなくてはいけないポイントは修理がおこなわれた箇所です。箇所によっては不具合が発生しやすくなることがあるため、注意しなくてはいけません。

そのなかでもフロントのコアサポートより奥や、ピラーに影響がありそうな場合は、修理規模に関わらず購入を避けたほうがよいでしょう。見た目では判断することは難しいですが、足回りに問題が起きている可能性が高いのです。事故車を購入する際に確認しておくと良いポイントをいくつかまとめておいたので、参考にしてみてください。

  • ・ホイールベースの長さやエンジンルームが左右対称になっているか
  • ・ドアの立てつけの隙間が一定の幅になっているか
  • ・車体の幅が上と下で変わっていないか
  • ・ブレーキをかけたときにステアリングが動かないかどうか
  • ・直線走行時に左右にブレが生じないか

 

これらのチェックポイントのなかで、ひとつでも当てはまるものがあれば要注意です。車体に歪みがあると、走行距離に問題が生じる可能性があります。これに加え修理の規模も忘れずに確認しておくようにしてください。

まとめ

事故車は安価で車を購入することができるといったメリットがあります。しかし性能面などで不具合が起こる可能性があるということをしっかりと理解しておくようにしてください。

購入時にいくつかのポイントを確認しておくことで、事故車の状態を少しは判断することができます。
しかし車は自分で乗らなくては分からないことが多いです。このようなリスクや注意点をしっかり把握したうえで購入を検討するようにしましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。