事故車買取比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

車の事故歴と修復歴の違いを知って正しく売却

無題ドキュメント

最新情報・レポート

車の事故歴と修復歴の違いを知って正しく売却

車の事故歴と修復歴の違いを知って正しく売却

仕事やプライベートなどで車を使用する方は多いと思います。
車は乗っている限りいつでも事故を起こす可能性や巻き込まれる可能性があります。

ぶつかってしまうと車は破損してしまいますが、状態によっては修復などを行い、また乗ることもできます。しかし修復などをした車は修復歴や事故歴が付くのをご存知ですか?修復車や事故車になると売却時の査定に影響が出てしまう恐れがあります。

今回は修復歴や事故歴が付いたときの査定への影響などをご紹介します。

 

 

車の「修復歴」

修復歴とは、過去にその車が交通事故や災害などで車体の骨格部分に損傷を受け、修正または交換による修復を行ったことを言います。これは修復していない車も同じ扱いを受けますが、その場合は「現状車」と呼ばれます。

この修復歴は車体の骨格部分である内板やフレームなどを損傷し、修復した場合に付くものです。そのため事故などでバンパーを交換しただけの場合や、ドアのへこみを戻しただけ、再塗装しただけの場合には修復歴にはなりません。そういった場合は「交換跡」や「修理跡」と判断されます。

修復歴は日本自動車査定協会と呼ばれるところで定義されていますが、その判断基準が全国の車オークションによって違うため、車の査定に差が出ることもあります。

修復歴になる基準は対象となる骨格部分で違いがあります。基本的にどの骨格部分も交換されている場合は修復歴が付いてしまいますが、小さなへこみやそのへこみを修理した跡があるものなどは修復歴にならない場合もあります。

車の「事故歴」

車の「事故歴」

事故を一度でも起こしたことがある車に付くものが事故歴です。そのため車に乗っているときに後ろから追突された場合も事故歴が付いてしまいます。追突されたときに傷が付いていないとしても、事故歴になってしまうので注意しましょう。自分で何か物にぶつけてしまった場合も事故歴扱いになりますので覚えておきましょう。

では事故歴と修復歴ではどのような違いがあるのでしょうか。事故歴は単に事故を起こした場合や、巻き込まれた場合に付くものです。しかし修復歴は交通事故以外にも災害などで車体の骨格部分に損害が出てしまい、それを修復した場合に付きます。そのため事故以外にも付く可能性があります。

車の修復歴と事故歴が査定に与える影響は?

車を中古車買取店などで買取してもらうときに、修復歴や事故歴は査定にどれほど影響を与えるのでしょうか。修復歴と事故歴それぞれ見ていきましょう。

修復歴が査定に与える影響

一般的に修復歴がある車は修復歴がない車に比べ、7割から8割くらいの査定額になります。もちろん修復されている骨格部分やその他の部品、修復方法などで査定額の差が出ます。

修復歴がある車でもっとも査定に影響があるのは、購入してから年数が浅い車と言われています。これは購入してから年数が浅い車の査定額が高いため、修復歴分の減額が大きいためと言われています。そのため購入してからの年数が長い車は、もともとの査定額があまり高くないため、そこまで影響が出ないことが多いです。

事故歴が査定に与える影響

事故歴がある車ももちろん査定額にマイナス影響があります。事故歴があるというだけで査定額が下がることは稀で、主に事故を起こしたときに破損した箇所の交換や修理などがどれだけあるかで査定への影響が変わります。

例えば事故を起こしたときにドアを破損した場合、引っ掻き傷などで再塗装した場合はマイナス査定になることがあります。もしへこみなどで板金した場合は引っ掻き傷よりやや高いマイナス査定になり、ドアを交換した場合はさらに高いマイナス査定になると言われています。これはドアの場合ですので、他の部分でも何か修理・交換箇所がある場合にはマイナス査定になってしまいます。

修復歴程の損害がないとしても、修理・交換箇所が多ければ多いほどマイナス査定は増えていき、少なければ少ないほどマイナス査定も比例して少なくなります。そのため事故歴があっても修理・交換箇所がなければ査定に影響がない場合もあります。

事故歴があっても修復歴があるかないかで、査定額への影響は大きく変わります。修復歴は査定する中古車買取店で差があることもあります。そのため多くの買取店で査定してもらうことが高価買取への道だと言われています。特に購入してから年数が浅い車は査定額に大きな差が出てくるので、多くの買取店で査定してもらう必要があります。

修復歴の隠ぺいはトラブルのもと

修復歴の隠ぺいはトラブルのもと

修復歴があることで査定額が下がってしまうことは仕方がないことです。しかしその修復歴を隠したまま査定してもらうことは絶対にやめましょう。基本的に査定するのは今まで何百台と査定してきた査定士が行うので、修復歴などを伝えていなくとも見ればすぐにわかります。

査定時に車の修復歴があるか聞かれることもありますが、実際に修復歴がある場合はしっかりと言葉で伝えましょう。そのときに伝えるべきは修復部分と修復を行った時期などです。修復歴を伝えることは車を売却するときの契約書にも含まれている内容なので、伝えていないと契約違反になり、売却契約の解除や査定額の減額などの罰則を受けることがあります。

修復歴があるから高く売れないと思う方もいますが、普通の中古車買取店などでは高く売ることができない修復歴や事故歴がある車でも、高く買ってくれる事故車専門の買取業者があります。この買取業者は事故車を専門に仕入れるため普通の買取業者よりも高い査定額を提示されることが多いです。そのため修復歴や事故歴があり、思うような査定額が付かない場合は、一度事故車専門の買取業者での査定を行ってみてはいかがですか。

まとめ

いかがでしたか?修復歴や事故歴で査定に影響が出るポイントは主に修復歴の有無でした。

もちろん事故歴でのマイナス査定もありますが、主に修理・交換箇所の数で査定額が決まります。
日頃事故や天災などに遭うことがなければ、車に修復歴や事故歴が付くことはなかなかありません。しかし交通事故や天災はいつ起こるかわかりません。そのためもしものときに備えとして、修復歴と事故歴の違いをしっかりと理解し、査定時に大幅なマイナス査定をされないような知識を身につけましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-735

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

事故車買取比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。